ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、定期購入アプリに割引価格を設定できる機能を導入へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google は 11 月 3 日、Google Play ストアの定期購入サービスに加入する新規ユーザーを対象に割引価格を提供できる機能を導入すると発表しました。Google Play ストアではクーポンコードによる有料アプリの割引は可能ですが、定期購入の価格を割り引くことはできません。Google は Google Play ミュージックや YouTube Red などの自社サービスでは、不定期に定期購入の価格を割り引くキャンペーンを実施していますが、同様のことが一般のアプリでも可能になります。例えば、通常月額 500 円の有料アプリの料金を新規契約者には 3 ヶ月だけ月額 100 円で提供するようなことが可能になります。Source : Google

■関連記事
KDDI、フルセグ対応の10.1インチ防水タブレット「Qua Tab PZ」を発表
KDDI、5インチIGZO液晶を搭載したミッドレンモデル「「AUQOS U SHV37」を発表
Daydream対応のマリオカート風カートレースゲーム「VR Kart」のトレイラー映像が公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP