ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スプラッターの若き才能を豪華審査員がジャッジする『学生残酷映画祭2016』 いよいよ開催 

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


学生制作による“流血・人体損壊などの残酷描写がある作品”だけを募り、豪華審査員がジャッジする映画祭『学生残酷映画祭』が今年も11月20日に開催される。

審査員は去年に続き『別冊映画秘宝』編集長の田野辺尚人、映画評論家・イラストレーターの三留まゆみ。そして、ゲスト審査員として今年『貞子vs伽椰子』で話題をさらった白石晃士監督、『クソすばらしいこの世界』『ドクムシ』の朝倉加葉子監督が登壇する。作品への単なる評価だけではない、審査員による愛と期待のこもったアドバイスや叱咤激励もこの映画祭の魅力の一つだ。

グランプリ受賞者にはトロフィーとして学生残酷映画祭謹呈オノが贈呈され、キングレコードによるホラー映画レーベル『ホラー秘宝』DVDに収録される短編映画を監督する権利と予算が与えられる。

『スパイダーマン』シリーズを手がけ、ホラーにとどまらない人気監督となったサム・ライミや、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズを手掛けたピーター・ジャクソンもかつてはスプラッター映画でデビューを飾っている。今年の参加者のなかにも、そんな大物監督になる若き才能がいるかもしれない。ぜひ会場で応援を!

学生残酷映画祭2016

【日時】2016年11月20日 OPEN 12:00 / START 12:30
【会場】新宿ロフトプラスワン
【前売料金】\1500 【当日料金】\1800 (前売・当日共に1オーダー制)
前売券はe+にて発売中
公式HP http://szff.web.fc2.com

上映作品

『流血悪夢』 監督:渡辺靖夫 21分
アパートに住む青年は、夜な夜な隣人たちが不気味に徘徊している姿を目撃する。30年の時を超え今目覚める8ミリフィルムの悪夢!

『ニクノクニ』 監督:篠原三太朗 19分
私を食べて-仲良しの牡丹の遺言を果たせなかった百合は自殺しに人里離れた村へ。そこは呪われた土地だった…。

『私の夢』 監督:三重野広帆 3分
第一志望の会社に落ち、自殺した女子大生。そこから始まる恐怖。夢が人を苦しめる戦慄の就活ホラー!

『べー。』 監督:阪元裕吾 39分
おかしなカップルが巻き起こす血みどろ大騒動!波乱の純愛スプラッタームービー!!

特別上映
上映作4本に加え、特別枠としてシークレット作品を上映!

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP