ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

宮野真守 『ファンタビ』主人公の吹替え声優に! そのほか伊藤静/遠藤綾/津田健次郎も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 宮野真守が、11月23日より公開となる『ハリー・ポッター』新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(通称、『ファンタビ』)の主人公の日本語吹き替え声優に抜擢された。

その他 関連画像など

 『ハリポタ』シリーズの原作者J.K.ローリングが、映画の脚本を書くためにペンを取った渾身の一作。シリーズ4作の監督、デイビッド・イェーツとのタッグとあって、これまでの『ハリポタ』の世界観を正当に受け継いだ新シリーズの完成が、世界中で待ち望まれている。そして今回、“オスカー俳優”エディ・レッドメイン扮する主人公ニュート・スキャマンダーの日本語吹き替え声優を、人気実力派声優の宮野真守が務めることとなった。

 宮野真守は、「『ハリーポッター』シリーズは僕にとって、とても思い入れの深い作品なので、この度『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の吹き替えを担当出来ること、非常に嬉しく、光栄に思っております。エディ・レッドメインさんがとっても素敵に演じている、個性的なニュート・スキャマンダーを、日本語でも魅力的に演じられるように、気合いを入れて臨みました! 僕自身、『ファンタスティック・ビースト』の世界観に、終始魅了されながら収録させていただきましたし、みなさまも必ず、この冒険の虜になること間違いなしです! 是非とも、この映画の魅力にどっぷりハマっちゃって下さい! そして、吹き替え版の応援も、よろしくお願いします!」と意気込みを明かす。

 その他にも、ニュートと仲間になるティナ(キャサリン・ウォーターストン)を伊藤静、クイニー(アリソン・スドル)を遠藤綾、そして人間であるジェイコブ(ダン・フォグラー)を間宮康弘、グレイブス(コリン・ファレル)を津田健次郎が声で演じ、作品をさらに盛り上げる。

◎映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』
2016年11月23日(水・祝)公開
監督:デイビッド・イェーツ(『ハリー・ポッター』シリーズ後半4作品)
原作/脚本:J.K.ローリング
プロデューサー:デイビッド・ヘイマン(『ハリー・ポッター』全8作品)、J.K.ローリング
出演:エディ・レッドメイン(『レ・ミゼラブル』)、キャサリン・ウォーターストン、アリソン・スドル、ダン・フォグラー、コリン・ファレル
配給:ワーナー・ブラザース映画

(C) 2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. / Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) JKR.

関連記事リンク(外部サイト)

宮野真守 自身初となる海外公演を台湾より生中継
THE YELLOW MONKEY・宮野真守 『B=PASS』で大特集
宮野真守 撮りおろし写真&インタビューなどマモ尽くしの1冊『masterpiece』8/13発売!

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP