体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】アキバの路地裏で見付けた居酒屋で秋刀魚の刺身を食す! @『駒忠』

komachu017_r

ガジェット通信編集部のある秋葉原ですが、最近は観光地としてもメジャーでして、多くの人達が訪れる活気のある街であります。

しかし!

ちょいと中心部を外れると昔ながらの街並みも残っていて、秋葉原で働く人達や地元の人達が利用する渋い店も多くあります。

というわけで、筆者(YELLOW)的には観光客向けの店は他に任せるとして、よりマニアックな秋葉原が本当に好きな人の為の店を攻める所存で御座います。

地元のサラリーマン御用達!『駒忠』

komachu000_r

そんな感じで秋葉原周辺の路地裏を徘徊する日々の筆者ですが、何気に居酒屋が多いのは驚きですね。

komachu002_r

もっとも、周辺には多くの会社があるのでサラリーマン達のオアシスが多数残っていても不思議ではありません。

本日のチョイ呑みメニュー

komachu014_r

筆者の家から秋葉原はめっちゃ遠いので、基本的には2~3杯で軽く流す飲み方が最近のマイブームで御座います。

しかも昼はガッツリ食べて食べて食べてるので、料理も2品くらいでコンパクトなスイングを心掛けています。

逆に!

あれもこれも食べれないので、より厳選したメニューになるので、ちょっとした緊張感はありますね。

komachu019_r

基本、筆者はビールの次はハイボール派なので、飲み物もハイボールになる事が多めで御座います。

『秋刀魚の刺身』を食す!

komachu016_r

ホワイトボードに『秋刀魚の刺身』の文字があったので、最初の一品目は『秋刀魚の刺身』にしてみました。

家にいると秋刀魚を刺身で食べる機会は少ないので、どうせ外食するならアジやイワシよりも秋刀魚の方が特別感がありますね。

ちなみに今年は豊漁な様ですが、イマイチ大きな秋刀魚に育たないとの事で、なかなか立派な大きさの秋刀魚は出回らないらしいです。

komachu018_r

しかし!

それでも今の季節の秋刀魚はやはり美味しく、酒飲みとしては秋刀魚の刺身を食べないわけには参りません。筆者が睨んだ通り、この『駒忠』の大将の腕は流石ですね。完璧な秋刀魚のお造りだと思います。

『牛すじ煮込』も食す!

komachu010_r
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。