ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オアシス初の長編ドキュメンタリー映画『オアシス:スーパーソニック』Xmasイブ日本公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

オアシス初の長編ドキュメンタリー映画『オアシス:スーパーソニック』が12月24日(土)に日本公開されることが決定。

本日、日本版ポスターと日本版予告編が待望の劇場デビューを果たす。

1994年のデビューからわずか3年でオアシスはロック界の頂点に到達した伝説的ロック・バンド・オアシス(oasis)。アルバム7作品すべてがUKチャート1位に輝き、全世界でCDトータルセールス5,000万枚以上を記録、90年代を象徴するバンドとして、今なお、幅広い世代に支持されている。

デビュー・シングルのタイトルが付けられた今作『オアシス:スーパーソニック』は、リアム&ノエル・ギャラガーが製作総指揮を務め、バンド結成から96年のネブワース・ライヴまでの軌跡を描くオアシス初の長編ドキュメンタリー。製作は、アカデミー賞®最優秀ドキュメンタリー賞に輝いた『AMY エイミー』のスタッフが結集。予告編のBGMには「コロンビア」「シガレッツ&アルコール」等がフィーチャー、本編では「ロックンロール・スター」「リヴ・フォーエヴァー」「ワンダーウォール」「モーニング・グローリー」ほかバンドの軌跡を語る上で欠かすことの出来ない名曲が20曲以上使われている。

『オアシス:スーパーソニック』は、12月24日(土)から角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開となる。お見逃しなく。(岡本)

・日本公式サイト
www.oasis-supersonic.jp

ⓒJill Furmanovksy

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP