体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

第51回 『怪獣王ゴジラ』

『GODZILLA, KING OF THE MONSTERS!』
(日本公開題『怪獣王ゴジラ』)
1956年・アメリカ(1957年・日本)
監督/テリー・モース、本多猪四郎
脚本/本多猪四郎、村田武雄
出演/レイモンド・バー、河内桃子、宝田明、志村喬、平田昭彦ほか

—–

 毎年11月3日は「文化の日」。これにちなんで同日は「まんがの日」、「レコードの日」、「文具の日」なんて記念日も制定されている。しかし待て! 大事なことを忘れてやしないか? 1954年11月3日……それは『ゴジラ』の公開日だ。私は11月3日を「ゴジラの日」と勝手に制定し、毎年『ゴジラ』を観ながら1人祝杯を挙げているのだ。

 ということで今回は『ゴジラ』……ではなく、ちょっと捻って「海外版ゴジラ」。ただし海外版といってもエメリッヒ監督のヤツでも渡辺謙のヤツでもなく、初代『ゴジラ』の米国公開版だ。というのも、これが単なる英語吹替え作品ではなく、『ゴジラ』を買い取ったハリウッドのバイヤーが、ストーリーを「アメリカ人記者が、東京でゴジラの襲来に遭遇した」というアメリカ人視点の設定にアレンジした珍品なのだ。主役は2年後に人気テレビ番組『弁護士ペリー・メイスン』でブレイクするレイモンド・バー(ゲイ)。彼と日系人エキストラで新撮カットを撮り、それを無理やりオリジナル・フィルムに挿入したのである。

 完成した再編集版ゴジラは、日本映画初のメジャー配給網により『GODZILLA, KING OF THE MONSTERS!』というタイトルで1956年に全米公開され大ヒット。世界50カ国で公開され、スティーヴン・スピルバーグなどの著名なクリエイターらにも影響を与えた。内容を紹介する前に、日本版『ゴジラ』のストーリーをおさらいしておこう。

 日本近海で船舶が燃え上がる謎の海難事故が続発する。それは水爆実験の影響で蘇ったジュラ紀の巨大生物ゴジラの仕業だった。ゴジラは2度に渡り東京を襲撃し、自衛隊の近代兵器も全く通用せず、放射能を含有する白熱光を吐き散らし、都心を壊滅させる。

 古生物学者・山根博士(志村喬)の一人娘・恵美子(河内桃子)は、幼馴染みの天才科学者・芹沢博士(平田昭彦)が発明した水中酸素破壊装置オキシジェン・デストロイヤーならゴジラを倒せると考え、恋人の尾形(宝田明)と共に使用を懇願する。自分の発明が兵器利用される懸念から、それを頑なに拒む芹沢。だがテレビから流れる被災の惨状にショックを覚え、ダメ押しに数百人もの女子高生たちが歌う平和への祈りにグッときた芹沢は、ようやく2人の説得に応じる。そしてオキシジェン・デストロイヤーは見事ゴジラを抹殺し、それを見届けた芹沢は自らの命を絶つ。

 名作だ(涙)。これを踏まえて米国版を紹介してみよう。

 冒頭、いきなり焼け野原の東京が映し出されて面食らう。日本版でゴジラに破壊尽くされた終盤のシーンだ。ガレキの中から服がボロボロに破れた白人(レイモンド・バー)が這い出てきて救護所に運ばれる。カイロに行く途中で芹沢博士に会うため東京に寄った世界通信社の特派員スティーブ・マーチンだと、自らをナレーションで説明する。マーチンは山根博士とも旧知で、救護所でボランティアをしている恵美子(河内桃子と同じような服を着て、常に後ろを向いている米国女優)に出会う。

 ここから、事件前に戻ったマーチンの回想シーンが始まる。羽田空港に着いたマーチンは、警官(日系人)にたどたどしい日本語で話しかけられ、なぜかそのまま海上保安庁へ連れて行かれる。そこで岩永(日系人)という職員から、原因不明の海難事故を伝えられたマーチンは、記者として日本で起きた謎の事故を本国に報告する。

 次の記者会見シーンでは、ゴジラ退治の対策を尋ねられた山根博士が、「それは無理です。水爆の洗礼を受けながらも、なおかつ生命を保っているゴジラを、何をもって」。……え? まだゴジラは出ていないぞ(笑)。ここは編集の順序を間違えたのだろう。

 山根博士が調査する怪物伝説のある大戸島に来たマーチンと岩永。岩永がゴジラらしき怪獣を目撃した島民に「何を見たんだ」と高圧的な態度で聴くと、「カイブツです。おそろしいカイブツです。またきますよ。わしは、カズコのところに、いかなきゃあならん」とメッチャ片言の日本語(笑)。また、両衿に大きく「ルシイルアンダソン」と外国人観光客向けTシャツみたいな謎の片仮名が書かれた羽織を着て、クソ真面目な顔して立っているオヤジにも笑える。

1 2次のページ
BOOKSTANDの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。