ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【スマホゲームユーザー必見】持ち運び楽々のスマホケース型コントローラーで本格的プレイを楽しもう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ゲームをする人は多いだろうが、昨今は据え置き型ゲーム機や携帯ゲーム専用機よりも、スマートフォンで遊ぶという人が多いのではないだろうか。

ただ、スマートフォンはゲーム専用機ではないためゲームがプレイしにくい……というお悩みの方には、「GameBeat」というポータブルゲームコントローラーがよいかもしれない。

・一見するとスマホケース、中にコントローラーが配置

本格的なプレイをするとなると、それなりのゲームコントローラーが必要になるが、大きさや形状的にかさばるものも多い。その点「GameBeat」は、とにかく“ポータブル性”に重点を置いたコントローラーなのだが、一見するとシンプルなスマホケースに見える。

ケースは両開きタイプになっていて、一方側がスマートフォン本体を設置するスペース、もう一方側がコントローラーになっている。

コントローラーは10 x 5 x 0.5センチメートルの大きさで、電源オン/オフ、A、B、X、Yボタン、十字キーボタン、左右のジョイスティック、OK/カメラシャッターボタン、メニューボタン、プレイ/ポーズボタンを搭載。いわゆるゲームコントローラーといわれるとイメージする基本構造になっていて、誰にでも使いやすい。

ボタンはソフトプラスチック製なので、閉じた状態のときにスマートフォンスクリーンを傷つける心配はない。マグネットでスマートフォンをくっつける様式なので、取り外しも簡単だ。

・360度好きな角度にゲーム画面を固定できる

ケースはフリクションヒンジ(摩擦蝶番)構造になっていて、このおかげで360度どの角度でもスマートフォンを固定できる。つまり、ゲーム画面を好きな角度にアレンジできるので、圧倒的に画面が見やすい。光の乱反射や周囲の目を気にかけることなく、ゲームに集中できるのはウレシイ。

・縦スクロールやVRゲームも遊べる

また、スマートフォン本体の向きを回転させてもコントローラーは作動するので、“テトリス”のような画面が縦スクロールのゲームも気兼ねなく遊べる。

「GameBeat」は、iPhone 6、6+、6s、6s+、SE、7、7+、Android 4.4以降のAndroidスマートフォンに対応予定。専用のアプリは現在開発中で、独自のマッピング機能を駆使することで、どんなゲームでも対応可能。今後の展開が期待されるVRのゲームにも対応する見込みだ。

・Indiegogoで出資を募集中

ケースのカラーは、ブラック、ホワイト、ブルー、ピンクの全4色。現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を募集中。

GameBeat

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。