ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シャープ、台湾に続きマレーシアでもスマートフォンを販売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

シャープが「AQUOS M1」と「Sharp Z1」という 2 機種の海外向け Android スマートフォンを引っさげてマレーシア市場への参入を発表しました。シャープは鴻海による買収の後、今年の夏に台湾のスマートフォン市場に参入(携帯電話だと再参入)し、上記 2 機種を含む 3 機種の Adnroid スマートフォンを発売しました。どうやらアジア圏での勢力拡大を狙っているようです。マレーシアに投入されるのは、10 コアプロセッサを搭載した Sharp Z2 とミッドレンジモデル AQUOS M1 です。シャープの海外モデルには AQUOS P1 という AQUOS Xx3 をグローバルモデル化した機種もありますが、マレーシアには投入されない模様です。マレーシアでの定価は、Sharp Z1 が 1,199 リンギット(約 3 万円)、AQUOS M1 が 899 リンギット(約 22,500 円)。台湾価格とほぼ同額です。どちらも 11 月上旬に現地で発売されます。(参考) Sharp Z2 開封の儀Source : SoyaCincau

■関連記事
Galaxy S8では90%近い画面占有率を実現?
スクエニ、スマートフォン版「ドラゴンクエストVII」の33% OFFセールを11月6日まで実施
ドン・キホーテ、19,800円+税の2in1 Windows 10タブレット「ジブン専用PC&タブレット(KNWL10K-SR)」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP