ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード・チャート】ザ・チェインスモーカーズが11週目の首位で快挙、ガガ新作がALチャート制覇(11/12付)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2016年11月12日付の米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で、ザ・チェインスモーカーズによる「クローサーfeat. ホールジー」が11週目のNo.1を獲得し、アルバム・チャート“Billboard 200”ではレディー・ガガの『ジョアン』が初登場1位に輝いた。

 今週11週目の首位となったザ・チェインスモーカーズ「クローサーfeat. ホールジー」は、ドレイクの「ワン・ダンス」が打ち立てた2016年のNo.1最長記録を更新する快挙となった。ソング・チャートでは、1位から6位が先週から停滞しており、今週唯一のTOP10初登場は、先週13位から9位へ浮上したゼイ・ヒルフィガー&ゼイオン・マッコールによる「ジュジュ・オン・ダット・ビート(TZ Anthem)」となっている。同曲は、“Streaming Songs”チャートで4位につけており、サイレントによる「ウォッチ・ミー」同様、曲を使った自作のダンス・ビデオが大ヒット中となっている。

 また、一度はTOP10圏外にランクダウンしたグナッシュの「アイ・ヘイト・ユー・アイ・ラブ・ユー feat. オリビア・オブライエン」は、“Radio Songs”チャートでランクアップしたこと受け、10位に返り咲いた。

 アルバム・チャート“Billboard 200”では、レディー・ガガの新作『ジョアン』が自身4作目となる1位をマーク。“Billboard 200”チャートは、従来のアルバム・セールスをはじめ、収録各曲の売り上げをアルバムの売り上げとして換算するtrack equivalent albums(TEA)や、同じくストリーミングを換算するstreaming equivalent albums(SEA)などの多元的消費をもとに人気のアルバムを週間でランキング化している。

 『ジョアン』は、従来のアルバム・セールスで17万枚を売り上げ、TEAやSEAを換算すると、 20.1万ユニット以上を記録。なお、今回の首位デビューを経て、ガガは2010年代にアルバム4枚を1位に送り込んだ唯一の女性アーティストとなった。

関連記事リンク(外部サイト)

ジャスティン・ビーバー、マンチェスターでステージから去った理由とは?
ボウイの元ドラマー、ガガによるグラミー賞トリビュート参加を断ったのは「ダサいから」
マドンナとの熱愛が報道された俳優イドリス・エルバが関係を否定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP