ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カラダが語りだす、世界の隠された物語「BODY/PLAY/POLITICS」開催中

DATE:
  • ガジェット通信を≫


インカ・ショニバレ MBE《さようなら、過ぎ去った日々よ》2011 年 Courtesy the artist and James Cohan Gallery, New York
2016年10月1日より横浜美術館にて「BODY/PLAY/POLITICS」が開催中。本展では人間の体や集団としての行動、超自然的な存在など、歴史を通じて作り上げられた体が生み出すイメージの数々をモチーフにそれぞれの角度から作品化していく現代の作家たちの作品を紹介。アフリカ風の更紗を用いた作品で知られるイギリスの作家インカ・ショニバレ MBE、マレーシアの女性作家イー・イラン、映画監督としても知られるタイのアピチャッポン・ウィーラセタクン、ベトナムを拠点に活躍するウダム・チャン・グエン、日本からは注目の作家、石川竜一と田村友一郎の6作家によるインスタレーションはじめ、会期中のライブ・パフォーマンスや、ダンスのワークショップなどで構成されている。
ヨーロッパとアフリカ、東南アジア、そして日本。本展出品の6作家の作品には、詩的に、時にユーモア溢れる表現で、身体を通じて立ち現れる歴史と向き合い、未来へ向けて新たな意味を見出していこうとする姿が見えてくることだろう。

イー・イラン《サンタイ》2016 年©Yee I-Lann

石川竜一《浦添、グッピーの手》2016年 ©Ryuichi Ishikawa

ウダム・チャン・グエン 2015/2016年(会場風景) © UuDam Tran Nguyen. Courtesy of the artist. photo:Yuri Manabe

アピチャッポン・ウィーラセタクン《炎(扇風機)》2016 年 Courtesy of Apichatpong Weerasethakul

田村友一郎《裏切りの海》2016年(会場風景)撮影:田村友一郎

 

会期 2016年10月1日(土)~12月14日(水)
開館時間 10時~18時(入館は17時30分まで)
休館日 木曜日、11月4日(金)
※ただし、2016年11月3日(木・祝)は無料開館

主催 横浜美術館(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
助成 芸術文化振興基金
特別協賛 寺田倉庫
後援 横浜市
協力 横浜高速鉄道株式会社、横浜ケーブルビジョン、FMヨコハマ、首都高速道路株式会社
プロジェクト・パートナー 横浜赤レンガ倉庫1号館(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
一般 1,500円(団体1,400円)
大学・高校生 1,000円(団体 900円)
中学生 600円(団体 500円)
小学生以下 無料
65歳以上 1,400円(要証明書、美術館券売所でのみ対応)

 

■チケット取扱い:
横浜美術館
セブンチケット(セブン-イレブン店内マルチコピー機 もしくはウェブサイト)
セブンコード:047-559
セブンチケットのサイトはこちら

 

■特典つきグループチケット
[対象]一般/大学・高校生/中学生の前売・当日券の定価3名様以上
[特典]横浜美術館特製ポストカード(非売品)を人数分プレゼント
[チケット取扱い]
セブンチケット
セブンコード048-490
※総合案内にて「引換券」と特典を引き換えてください。
※団体は有料20名以上(要事前予約)
※毎週土曜日は高校生以下無料(要生徒手帳、学生証)
※障がい者手帳をお持ちの方と介護の方(1名)は無料
※観覧当日に限り「BODY/PLAY/POLITICS」の観覧券で「横浜美術館コレクション展」も観覧可
http://yokohama.art.museum/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP