ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

TAG Heuer Connectedの“ローズゴールド”バージョンが登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

TAG Heuer の高級 Android Wear スマートウォッチ「Connected」の “ローズゴールド“ バージョンが登場しました。これは、公式に販売されているものではなく、時計専門のブログでオンライン販売も行っている「Hodinkee」が販売しているもので価格はなんと $9,900 と、定価の 6.6 倍もします。なぜこんなに高いのか、それはカラーリングを変えたのではなく、純金のローズゴールドを使用しているからです。外観はまるで新しいバリエーションのように見える完成度の高さです。昨年 11 月に発売された「Connected」ですが、発売当時は $1,500(約 18 万円)という高級な Android Wear スマートウォッチとして話題になりました。これ以降、高級タイプの新製品はまだどこからも発売されていません。Connected は TAG Heuer を代表する Carrera シリーズのデザインをベースに、Android Wear では初の Intel プロセッサや 1GB RAM を採用したハイスペックモデルで、外装にはグレード 2 のチタン合金を採用した本体ケースに、サファイヤクリスタルで作られたカバーガラスを採用。ディスプレイサイズは 1.5 インチ 360 × 360 の液晶パネルで、リストバンドを 6 色から選択できます。Source : hodinkee

■関連記事
ZenWatch 3が米国で発売開始、$229と安価
Android Tips : Android 7.0以上でUIサイズを拡大する方法、大画面タブレットがさらに見やすくなる
「inCharge」はキーホルダーと一緒に持ち運べる長さ4cmのUSBケーブル。Discoverで発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP