ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リニューアルした美術館「TOP MUSEUM」は何の略?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「ACOUSTIC COUNTY」(ナビゲーター:坂倉アコ)のワンコーナー「KODANSHA HERE AND THERE〜for reading」。10月31日(月)のオンエアでは、東京都写真美術館(TOP MUSEUM)を紹介しました。

東京都写真美術館は、JR恵比寿駅からのびる、動く歩道の通路を抜けて、信号を渡ったところにある恵比寿ガーデンプレイス内に位置します。総合開館20周年を迎え、この秋、「TOP MUSEUM」としてリニューアルオープンしました。英語名の「Tokyo Photographic Art Museum」の頭文字をとったもので、シンボルマークやロゴも一新されました。

現在は、リニューアルを記念した展覧会「杉本博司 ロスト・ヒューマン」が開催中です。今回が初めての発表となった「廃墟劇場」のシリーズ、「今日 世界は死んだ もしかすると昨日かもしれない」…そんなドキッとするテキストから始まる展示など、世界的な作家、杉本博司の世界観と歴史観に迫った展示です。二つのフロアにわたり、三つの世界を演出した展覧会を観ていると、いつの間にか、本当に外の世界が終わっているんじゃないか…そんな奇妙な気持ちになってくるかもしれません。

壮大な作品を楽しんだ後は、ガーデンプレイスのセンター広場へ。人々が行き交う風景を見て、現実世界に心を戻しましょう。そして、広場に面したカフェで、本を楽しむのはいかがでしょうか。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ACOUSTIC COUNTY」
放送日時:月・火・水・木曜 14時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP