体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

藤代冥砂「新月譚 ヒーリング放浪記」#35 朝食抜き

meisa35_1

朝食抜き健康法を約一ヶ月試してみた。参考書として医学博士渡辺正さんの「朝食有害説」を傍らにした。
 以下ざっと要約しつつ進めたい。
 朝食を抜くと元気が出ない。一日のスタートが切れない。そう思う人は多いと思う。だが、これはどうやら気のせいらしい。なぜなら食物が消化吸収されエネルギーに変換されるには、食べものによるが約4〜6時間かかる。どんなにカロリーの高い朝食を摂ったとしても、それは午後のエネルギー分になるので、朝食を食べないと力が出ないというのは、気のせいのようだ。
 もちろん元気というのは科学的なエネルギーの側からのみ語られるものではない。食べることの気分へもたらす影響力は大きい。気のことは別の機会に譲るとして話を進める。
 食べたものがエネルギーになるには時間がかかる。午前中分のエネルギーは前夜の夕食がもたらしてくれる。だとしたら、午後のエエネルギーのために朝食を食べる必要がやはりあるのでは?と思いつつ、「朝食有害説」を読み進めた。
 山で遭難した人が何日も水だけで過ごせるように、脂肪と筋肉から分解された糖分によってあたかも食べものを口から摂るようにして、エネルギーは供給されるらしい。自分を食べるようにしてだ。つまり午後の活動は、前夜の夕食分でのエネルギーが午前中の活動を賄った残りや、自身の脂肪や筋肉から分解されたもので足りるとのことなのだ。この辺のことは、そうなのかあ、としか言いようがない。
 科学的な裏付けというのは、科学を信じるという前提が必要なのだが、私個人として、科学に全幅の信頼をおいているわけではないので、そういうことになっているのだなあという感想になることが多い。辻褄は合っているようだが、疑心はある。
 

2ページ目につづく

meisa35_2

朝食を絶対必要とする説では、朝食を摂らないと血糖値が上がらず、頭が働かないという。科学的な説明によれば、脳の活動にはブドウ糖が必要で、ブドウ糖は他の器官と違って脳そのものには貯蔵できない。なので脳は血液中からブドウ糖を常に吸収しなくてはならず、それには血液中のブドウ糖が不足なく一定に保たれていることが大切で、食後4、5時間で下降してしまう血糖値を保つためには朝食が必要だとする説である。
 それに対して、朝食不要説では、肝臓と筋肉に蓄えられたグリコーゲンが必要に応じて分解されグリコースとなり、血液中に入って血糖値を一定の値に保つようにできている。さらに長時間糖分をとらないと、脳はブドウ糖のかわりに脂肪から糖を作るともいう。つまり、血糖値のことも大丈夫なのだという。朝食を摂らないとふらふらして頭が働かないというの気のせいだということらしい。
 空腹感というのは、胃が空になったことよりも、血糖値が低下した時に脳の視床下部が知らせて感じるもので、病気などでブドウ糖の点滴を受けている時に、空腹を覚えないのはそのせいだという。
 朝食を抜くと、当初は空腹感に悩まされるが、前述のように肝臓や筋肉から糖分が供給される仕組みがスムーズに行われれば、意外に空腹感を覚えずにいられるそうだ。
 要は、朝食を抜くことに慣れてしまえば、午前中の空腹感もなくなり、食べる気にならなくなるということ。頭が働かないとういこともない。
 また、朝食を抜くと昼食をたくさん食べ過ぎて太るという説に対しても、これで説明できる。空腹感をそれほど感じなくなるのだ。
 このような感じで、朝食を抜くことのデメリットに対しての答えとなる説明は語られている。
 次に朝食を抜くことのメリットをざっとかいつまんでいく。
 まず、ダイエット効果。
 朝食を摂らずに活動すると、蓄積エネルギーである脂肪の分解すすむので、結果的に脂肪が減り、ダイエットになるということ。これは割と分かりやすく納得もしやすい。野生動物や狩猟民に肥満がないのは、活動して脂肪を減らしてから食事をするという順番があるからで、朝食をとるとこれが逆転してしまい過食となり、肥満だけでなく糖尿病や心臓病をも引き起こす原因になるということだ。

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会