ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【美活レシピ】デリケート肌さん必見!「こんにゃく」の美肌効果

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「顔を洗った後につっぱる感じがする」「ファンデーションが浮く」「衣類がチクチクする」……。こういった症状は、肌の乾燥のサイン。そんな「デリケート肌」さんにぜひたくさん食べてほしい食材が「こんにゃく」です。まさか美肌に!?というイメージがある地味な食材ですが(笑)、こんにゃくには、肌の水分を保ち、潤す栄養がたっぷり含まれているんです♪

こんにゃくが肌にいい理由(ワケ)と選び方

「セラミド」が肌水分をキープする!

デリケート肌の人は、まず肌の「バリア機能」が不足しています。バリア機能とは、外気や紫外線などの外部刺激から、肌を守る機能のこと。このバリア機能が低下してしまうと、乾燥によるシミ、シワだけでなく、赤みを伴うような腫れた状態になってしまうことも……!こうした深刻な乾燥肌を持った人は、化粧品選びもきっと大変なはず。できるだけ刺激が少なく、保湿効果の高いものを選ぶのはもちろんですが、おすすめしたいのがやはり食生活です。こんにゃくにたっぷり含まれる「セラミド」は、人間の肌にも存在し、うるおいを保つために欠かせない成分。乾燥が気になる人は、体の中から補ってほしい栄養素です。

「生芋」のこんにゃくを選んで!

市販のこんにゃくには、こんにゃく芋を乾燥させてから粉にした「精粉タイプ」と、こんにゃく芋をすりおろしてそのまま使う「生芋タイプ」があります。こんにゃくを選ぶ時はぜひ、「生芋タイプ」を選ぶのがおすすめ。生きたセラミドが含まれ、肌のうるおいに直接働きかける効果が高いと言われています。

肌を潤す!こんにゃくレシピ5選

良質な脂を含むくるみとの、最強コンビ!

こんにゃく田楽 くるみ味噌

コラーゲンたっぷりの牛すじが好相性♪

牛すじとこんにゃくの煮込み

お肉のかわりにも使えます!

こんにゃくの回鍋肉(ホイコーロー)仕立て

低カロリー&美肌を叶えちゃお!

糸こんにゃくのヘルシーチャプチェ風

まさかの美味しさ!アヒージョをこんにゃくで♪

こんにゃくのアヒージョ

関連記事リンク(外部サイト)

【美活レシピ】常備菜は「月曜日」に作ろ♪
【美活レシピ】日曜集中!「スープデトックス」してみる?
【美活レシピ】週末は「美つまみ」で家飲み♪

カテゴリー : グルメ タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP