ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャニス、ザ・バンド、グレイトフル・デッドが出演する伝説のドキュメンタリー映画『フェスティバル・エクスプレス』が2日間のみ限定上映

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ジャニス・ジョプリンが、生前最後に参加した音楽フェスティバルの模様がおさめられたドキュメンタリー映画『フェスティバル・エクスプレス』が、2夜限定で上映されることとなった。

 1967年の【モントレー・ポップ・フェスティバル】を機に一挙にスターダムにのぼりつめたジャニス・ジョプリン。その後も、1969年の【ウッドストック・フェスティバル】など、60年代後半に花開いたヒッピー・カルチャーの象徴的存在として、多くのフェスティバルで鮮烈な印象を残した。

 そんな彼女が、その死の3か月前、生前最後に参加したフェスティバルの模様を捉えたドキュメンタリー映画『フェスティバル・エクスプレス』。本作は、1970年夏の5日間、ジャニス・ジョプリン、ザ・バンド、ザ・グレイトフル・デッド、バディ・ガイなど、60年代を代表する錚々たるミュージシャン達が、特別にカスタムメイドされた貸し切り列車に乗り、共同生活を送りながら、トロントから最終目的地のカルガリーまで、行く先々で大規模なコンサートを開きながら、列車でツアーする模様がおさめられたドキュメンタリー。

 各ミュージシャンのライブ映像はもちろん、「100万ドルのバカ騒ぎ」(ローリングストーン誌)と評される、音楽ジャンルやビジネスといったあらゆる制約・垣根を取り払い、車内で四六時中にわたり繰り広げられたパーティ・セッションを楽しむミュージシャンたちの至福の時間が赤裸々に映しだされている。

 本編の中では、ジャニスの「CRY BABY」、「TELL MAMA」などの躍動感あふれる白熱のライブ・パフォーマンスをはじめ、リック・ダンコ(ザ・バンド)、ジェリー・ガルシア(グレイトフル・デッド)とともに、酔っ払いながら、無邪気な表情を浮かべて楽しそうにセッションしている様子を余すところなく堪能できる。

 なお、映画『ジャニス:リトル・ガール・ブルー』には、『フェスティバル・エクスプレス』の未公開シーンも収録されている。

◎公開情報
『フェスティバル・エクスプレス』
出演:ジャニス・ジョプリン、ザ・バンド、グレイトフル・デッド、バディ・ガイ・ブルースデラニー&ボニー&フレンズ、フライング・ブリトー・ブラザーズ、イアン&シルヴィア&グレート・スペックルド・バード、マシュマカーン、シャ・ナ・ナ
日時:2016年11月4日(金)~5日(土) ※2日間のみ限定上映 両日ともに21:10より1回上映
上映劇場:渋谷シアター・イメージフォーラム
当日料金:一般1,500円、学生・シニア1,200円、会員1,100円
※『ジャニス リトル・ガール・ブルー』の半券提示で一般料金に限り200円割引
INFO:https://goo.gl/WP8rtT

◎作品情報
『ジャニス:リトル・ガール・ブルー』
全国順次公開中
(c) 2015 by JANIS PRODUCTIONS LLC & THIRTEEN PRODUCTIONS LLC. All rights reserved.
INFO:http://www.janis-movie.com/

関連記事リンク(外部サイト)

映画『ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK』Blu-ray/DVDは12月発売! 106分の特典映像&Tシャツ付きエディションも
エイミー・ワインハウスのドキュメンタリーがブルーレイ&DVD化決定、特典としてデモ演奏も
プリンスのペイズリーパークが博物館に、未発表作の手書きメモも公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP