ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

商業用ドローンの普及のカギを握るエアバスの”飛ぶタクシー”が2017年半ばに登場予定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

近年、世界中の人口1000万人を超えるメガシティでは、朝夕ラッシュ時の渋滞の問題が深刻化している。もちろん、東京も例外ではない。

都市部で深刻化するその問題を解消すべく、“飛ぶタクシー”案がエアバスの開発者グループの間で浮上した。

・2016年2月、”飛ぶタクシー”開発プロジェクトが発足

2016年2月、ブルーノ・トラベル氏による指揮のもと、“飛ぶタクシー”や“小さなドローン”の異名を持つエアバス・ヘリコプターを開発するプロジェクトが立ち上がった。

なぜ”飛ぶタクシー”なのかと言うと、アプリを使ったカーシェアリングサービスの展開も視野に入れているそうだ。

現在、企業内外の多くの開発者やパートナーが結束し、車両のサブシステムの構築に着手している。2017年末までに車両の原型を完成させるとともに、初の飛行実験を目論んでいる。

・一言で表すと、“乗るドローン”

機体に複数のプロペラが装備されており、本物のドローンを模して作られているため、一見ドローンの一種として捉えがちである。

しかし、ドローンとは異なり、機体内の操縦者によって操作される仕組みとなっている。言わば、“乗るドローン”なのだ。

・目標は商業用ドローンの安全性を証明すること

プロジェクト発足時には、シンガポール民間航空庁(CAAS)とパートナーシップ協定を締結。

人々のエアバス・ヘリコプターへの認識を高めることで、ドローンを使った小包配送サービスを一般社会に浸透させ、最終的に「都市部での商業用ドローンの運転がいかに安全であるか?」を公的機関に対してアピールしたいという狙いがあるようだ。

2017年半ば頃、シンガポール国立大学のキャンパス内にて、エアバス・ヘリコプターによるドローン小包配送が試験的に行われる予定である。

Airbus Group

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP