ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Mozilla、Firefoxの次世代レンダリングエンジン「Project Quantum」を発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Mozilla は 10 月 28 日、Firefox の新たなレンダリングエンジン「Project Quantum」を発表しました。レンダリングエンジンは、WEB ページのコンテンツを描画するために用いられる WEB ブラウザの中核をなすプログラムのことで、現在は Netscape Navigator 時代の Gecko が改良されながら継続して使用されています。今回発表された Quantum はこの Gecko に代わる次世代のレンダリングエンジンと位置づけられており、Mozilla の研究によって開発されている実験的エンジン Servo の多くの機能をコードレベルで組み込んでいます。Quantum では Gecko からパフォーマンスが飛躍的に向上している点が大きな特徴で、モバイル OS とデスクトップ OS において WEB ページは即座に表示されるようになり、スクロールはまるで絹のように滑らか、アニメーションやインタラクティブな処理を多用したコンテンツでは 60fps のフレームレートを維持しながら再生することができるとされています。Quantum は Android、Windows、Mac,、Linux 向けに開発されており、来年には Firefox に搭載される見込みです。Source : Mozilla

■関連記事
Android TVでUSB接続の地デジチューナー(ATSC方式)が利用可能に
Android版「Lookout」のアプリUIがリニューアル
Xiiaomi未発表の2モデルが中国で認証を取得、Redmi 4シリーズか?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。