ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

室内でも使用可能!話題の小型ドローンHover Cameraがセール中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

開発段階から話題のドローンHover Cameraがついに発売を開始した。

・小型軽量、高い安全性

開発したのは中国・北京に本拠を置くスタートアップZero Zero Robotics

普及の進むドローンだが、多くの人にとってまだそんなに身近なものではない。しかし、この商品はそんな概念を覆すものになるかもしれない。

折り畳みが可能な特徴的なフォルム。書籍サイズの大きさで持ち運びも容易、重さはわずか242グラム!プロペラはカーボンファイバー製のボディで覆われており、安全性にも優れている。

「我々はこれまで人の混雑した場所でもテストを繰り返してきた。人の多い所で使っても問題はない」と米スタンフォード大出身のCEO、Meng Qiu Wangは言う。

「もし人に当たっても、プロペラが人を傷つけることはないし、F1の車体にも使われているカーボンファイバーにより、機体がダメージを受けることもない」

・1300万画素、4K動画

画質も充分。1300万画素の写真や、4K動画の撮影ができる。自撮り棒なしのセルフィーとしても大いに活用できるだろう。さらにはAI搭載により、顔認識技術で被写体を自動追尾しての撮影も可能だ。

懸案の一つであった電池寿命も、開発段階では8分だったが今では10分にまで延びた。といっても、こちらについてはまだまだ改良の余地がありそうだ。

いずれにせよ安全性と手軽さ、性能とコストパフォーマンスを兼ね備えた商品として要注目。

定価は599ドル(約6万2000円)だが、現在はセール中につき549ドル(約5万7000円)とおトクに購入可能だ!

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP