ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

渡辺直美も推薦! iPhone芸人が伝授するスゴ技

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「AVALON」(木曜ナビゲーター:渡辺直美)。今週の全曜日共通テーマは「AVALONイチ受けたい授業!」ということで、10月27日のオンエアでは「タメになるスマホの使い方」を“iPhone芸人”の、かじがや卓哉さんに教えていただきました。

かじがやさんは、吉本興業所属の芸人さんで、渡辺はもちろん、先輩・後輩芸人たちはiPhoneで困ったことがあればいつも相談しているそう。

そんなかじがやさんの“iPhone愛”はすさまじく、銀座のアップルストアにiPhone発売日の10日前から並んだこともあるそうです。「地獄ですよ。10日は。本当にそこに寝て、そこで起きて、そこでまた寝るんですよ」と、かじがやさん。しかし上には上がいるもので、10日前に並んだにもかかわらず、“7番目”だったそうです。これには渡辺と秘書・清水も思わず「えーーー!!」と声をそろえてびっくり。一番先頭の人はなんと14日前から並んでいたとのこと!

さらに、かじがやさんは“iPhone芸人”以外にも、“家電製品総合アドバイザー”という肩書きで年間1,000件以上の相談を解決し、さらには“税理士資格”もお持ちというすごい人なのです。

それでは、オンエアでかじがやさんから教えていただいた「意外に知られていないiPhone(スマホ)機能」の一部をご紹介しましょう!

■カメラの明るさを固定する機能
カメラモードにしたとき、ピントを合わせたい箇所をタッチすると、そこにピントが合い、ピント枠の端をタッチしながら上下させると「明るさ調整」ができることは、皆さんもご存じだと思います。

「画面をずらすと、iPhoneってオートフォーカスなので、一度暗く(明るく)したやつも元に戻っちゃうんですよ。(中略)そこで画面(ピントを合わせたいところ)を長押しするんです。すると上に『AE/AFロック』と出てくる。これはピントを固定しているって意味なんです」(かじがやさん)

これで明るさは固定されたままになるので、どこを向けても明るさはそのまま。方向を変える度に明るさを変える手間が省けるのです。ご存じでしたか?

■バッテリーを長持ちさせるコツ
バッテリーを一度使い切ってから充電されている人、いませんか? これは「バッテリーの寿命を“ものすごく”短くさせてしまうので、やめた方が良い」と、かじがやさん。使い切る前に充電することが大切だそうです。

そして、充電が100%になったら基本的には、充電しっぱなしにはしない方が良いそう。充電されているものにさらに充電しようとすると、バッテリーが痛む原因になってしまうのです。

たまに、そんなに古くないはずなのに、バッテリーの減りが異常に早かったり、残り20%もあるのに突然、電源が落ちてしまったりすることってありませんか? これはバッテリーの情報がバグを起こしている可能性が考えられます。そんなときは、一度バッテリーを使い切ってしまって、30分から1時間ほど放置。そこから充電すると情報がリセットされて、調子が良くなるそうです。

こちらはiPhoneだけでなくリチウムバッテリーに共通していることなので、覚えておいて損はないですよ!

この他、「リマインダー機能」の便利な使い方、「ダウンロードとインストールの違い」や、リスナーさんからのiPhone(スマホ)に関するお悩み相談にも答えていただきました。もはやパソコン並の性能を持つスマホ。みなさんは、どれくらい使いこなせていますか?

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「AVALON」
放送日時:月・火・水・木曜 22時−23時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/avalon/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。