ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

手のひらサイズの栽培キット「ポットランド」新登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2011年、東急ハンズや、ファミリーマートなどでの販売実績が250万個を突破した大ヒット商品「ペットマト」が2016年10月、進化を遂げて帰ってきた!その名も、「ポットランド」。プチトマト、黄金トマト、スイートバジル、ひとくち茄子、おつまみ枝豆、四季なりいちごを自宅室内やオフィスで気軽に栽培できるのだ。

【商品特長 1】土は使わない水だけ栽培

植物を生育するためは、「光」「水」「空気」の3要素が必要。「ポットランド」は、この基本ともいえる植物の性質をヒントに、水耕栽培ノウハウを最大限に活用し、必要最小限の水耕栽培システムを実現。

【商品特長 2】コンパクトであること

植物の生育に必要な諸要素のみに限定することで、栽培キット史上、園芸史上最もコンパクトなサイズの商品化を実現。

【商品特長 3】実用的であること

従来の園芸よりも簡易的なのはもちろん、一般に流通している用土付きの栽培キットのように、ある程度生長した後の「専用用土」への植え替えが一切不要。栽培から収穫までの一連の流れを「ポットランド」ひとつで体験できる。

【商品特長 4】時流にあったデザインと消費者個性

シリコン製の商品本体は「実」をモチーフにしたサイコロ型の親近感のあるデザイン。好きなカタチやデザインの容器(ワインボトル、ペットボトル、ジュース瓶、グラス、マグカップ、缶など)と組み合わせて育てることで、消費者個々が持つ“オリジナリティ”を演出。

【商品特長 5】教育的な活用ができること

「トマトは3か月かけて、やっと食べられる。」そんな、あたりまえを伝えることが、「ポットランド」の裏テーマだ。スーパーに行き、レジでお金を払えば、すぐに手に入る“野菜”だが、実は私たちはそんなあたりまえをよく知らない。種のカタチや苗のカタチ、そもそも野菜がどういう順序で育つのかを「ポットランド」は教えてくれる。

価格は1個1000円(税別)。あなたも“自分だけの植物”を育ててみてはいかがだろうか。

 

 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP