体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

おいしい・簡単・本格的! ハワイアン丼、ロコモコを作ってみる

f:id:Meshi2_IB:20161019104052j:plain

ハワイアンフードとして有名なロコモコ。

女子が好きそうなイメージがありますが、実はけっこうボリューム&コッテリの男性も満足のドンブリなのです。

今回はそんなロコモコを簡単に作ってみます。

本格派をめざす! しかし材料はシンプル

日本のロコモコはいわゆる日本の「ハンバーグ」を使ったレシピが多く、「ハンバーグ」を作るのがけっこう大変。

肉さえ良いものを選べば、むしろつなぎナシの牛100%のハンバーグのほうが美味しいので、ゆきちゃめゴン式はつなぎナシです。

だから、材料はこんなにシンプル。

f:id:Meshi2_IB:20161019104556j:plain

【1人分の材料】

ハンバーグ

・牛ひき肉 150gぐらい

グレイビーソース

・小麦粉 小さじ2

・バター ひと切れ(5gぐらい)

その他

・卵

・ご飯

・塩コショウ

・入れたければ野菜

まずはハンバーグを作ります

f:id:uralatokyo:20161008160500j:plain

ひき肉に塩コショウをしてから粘りが出るまでこね、丸く成形します。

それだけなのですが、細かいポイントなどは以前書いたハンバーグの作り方も参照していただければと思います。

f:id:uralatokyo:20161008160750j:plain

フライパンに油をひいてから焼きます。

f:id:uralatokyo:20161008160911j:plain

焦げ目がついたら、裏返してふたをし、少し弱火にして蒸し焼きに。約10分後、肉汁がジュワーっと出てきました。

今回はこの肉汁がポイントなんです!

肉汁大事。絶対捨てないで!

いよいよグレイビーソースづくり

ハンバーグをフライパンからお皿に取り出したら、肉汁にバターをポトリと入れます。

油×油=コク

が期待される組み合わせですね。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会