ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今モテたいならセダンに乗れ! そして中古で買うならコレに乗れ!【買い得モテ車5選】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

▲今年もモテ車を探る調査を実施! 最終結果は、カーセンサー11月号(2016年9月19日~発売)に掲載しています

来たか!? セダンの時代!

カーセンサー編集部が実施した2016年のモテ車(=乗っているだけで男性がカッコよく見える車)調査アンケート(※1)によると、男性が乗る車として「セダン」を支持する女性が増えていることが判明しました。中でも、乗り心地が良く、走りにも妥協がない「スポーツセダン」やエコなイメージのある「ハイブリッドセダン」は、乗っているだけでカッコよく見えると好評価する女性が多く、近年のSUV人気を上回る勢いなんです。

ということで、今回は、そんな最旬モテ車「スポーツセダン」&「ハイブリッドセダン」の中でも、中古車で狙うべきオススメモデルをいくつかピックアップ!(※2)

全国のモテたい男性諸君は、ぜひ参考にしてみてください。

※1:日本全国18~59歳の女性500名を対象に行ったインターネットアンケート調査(2016年7月実施)

※2:各モデルの平均価格(本体価格)と最安値帯(総額)はすべて2016年10月19日現在のカーセンサーnetの数字です

現行型にこだわりたい人へ! ちょっとでも安く手に入る最新セダン

■BMW 3シリーズセダン(現行型)

★平均価格:370万円

★最安値帯:170万円台

▲BMW 3シリーズセダン(現行型)エクステリア

▲BMW 3シリーズセダン(現行型)インテリア

スポーツセダン界の超定番、3シリーズ。アンケートでは、わざわざモデル名で指名する例も見受けられました。何といってもBMWというネームバリューとブランドの威力はすさまじい! 車に明るくない女性でも、BMW=カッコいいというイメージは少なからず持っているようです。

買い手目線で言えば、女性に限らず人気のモデルなので、高年式に絞っても流通量が豊富であるところは嬉しいポイント。ベーシックなグレードは2Lターボですが、ディーゼルやハイブリッドモデルもあるので、好みと予算に合わせてチェックしてみてください。

■マツダ アテンザ(現行型)

★平均価格:243万円

★最安値帯:140万円台

▲マツダ アテンザ(現行型)エクステリア

▲マツダ アテンザ(現行型)インテリア

マツダのデザインテーマ「魂動(こどう)」をまとったフラッグシップモデル。この「マツダ顔」もすっかり見慣れてきましたね。エクステリアは、輸入車のような雰囲気があります。

内装も凝っていて、インパネを中心に近代的な仕上がり。助手席の女性の目も引くでしょう。せっかくなら、エレガントな黒×白コンビレザーのインテリア物件を狙ってみてください。

とにかく安い! ……のに、安く見えないコスパ抜群スポーツセダン

■トヨタ クラウンアスリート(2代目)

★平均価格:91万円

★最安値帯:30万円台

▲トヨタ クラウンアスリート(2代目)エクステリア

▲トヨタ クラウンアスリート(2代目)インテリア

ゼロクラウンの愛称で親しまれたモデル。2世代前の車なので、フタケタ台のお安め物件が多数存在します。しかし、このボディラインやシャープな顔つきは、そんな古さを感じませんね(感じても“いい味出してる”古さでしょうか)。インテリアもさすがクラウン! というリッチな雰囲気。

狙い目は総額90万円以下の安値物件ですが、予算130万円程度まで許せるのであれば、走行5万㎞以下で程度の良い物件を狙っても損はありません。低予算でモテ車を買いたい人にはピッタリな1台です。

良心的お値段で好感度ゲット! 買い得ハイブリッドセダン

■レクサス GSハイブリッド(初代)

★平均価格:156万円

★最安値帯:87万円台

▲レクサス GSハイブリッド(初代)エクステリア

▲レクサス GSハイブリッド(初代)インテリア

レクサスというブランドのモテパワーはご存じのとおり。中でもGSは大人の女性から人気のあるモデルです。

この初代モデルは、現行のような押し出し感が薄いため、いかつさを出したくないという男性にはうってつけ。どうせ買うなら、メッキを多用した顔つきの後期型がオススメです。2008年式までなら車両本体価格150万円以下の物件も多く存在しているので要チェック。

■日産 フーガハイブリッド(現行/前期型)

★平均価格:203万円

★最安値帯:150万円台

▲日産 フーガハイブリッド(現行型)エクステリア

▲日産 フーガハイブリッド(現行型)インテリア

あまり語られていませんが、日産のハイブリッドは素晴らしい性能! 高速粋のモーター巡航による静かさには特に定評があり、ドライブデートにはもってこいの1台です。

運転席から助手席のパワーシートが調整できる機能やアロマディフューザー付きのエアコンなど、国産らしいおせっかいな機能も魅力的。現行型でも前期モデルであれば総額100万円台で手に入るので、2010~2014年生産モデルに絞ってみてみることをオススメします。

以上、イチオシの5台をご紹介しましたが、いかがでしたか?

もちろん、モテ車に乗っているからといって確実にモテるという保証はできませんので、あしからず……。でも、お得にゲットしつつ余ったお金は自分磨きに……なんて行動は、モテへの近道かも。ぜひご活用ください。

【紹介した中古車を見てみる】

BMW 3シリーズセダン(現行型) マツダ アテンザ(現行型) トヨタ クラウンアスリート(2代目) レクサス GSハイブリッド(初代) 日産 フーガハイブリッド(現行/前期型) text/編集部

photo/尾形和美、篠原晃一、日産、トヨタ、マツダ、BMW

関連記事リンク(外部サイト)

マツダ アテンザ(現行型)
トヨタ クラウンアスリート(2代目)
レクサス GSハイブリッド(初代)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
日刊カーセンサーの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP