ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

江戸にタイムスリップ!?劇場型「板前寿司 江戸」開店

DATE:
  • ガジェット通信を≫


好物を聞かれて「お寿司!」と答える人は実に多い。

そんな日本人のソウルフードとも言える寿司業界にて、初競りで4年連続で本まぐろを最高値で落札し、日本・香港・中国・シンガポール・インドネシアに約60店舗を展開する「板前寿司」が10月27日(木)、“劇場型”寿司レストラン「板前寿司 江戸」を赤坂見附にオープンする。


好みの食材と調理方法を選ぶと、板前が目の前で仕上げてくれるという「江戸屋台」のスペースには、日本全国から厳選された食材を入れたネタ箱がずらり。絵画のように整然と並ぶネタ箱は、まるで日本中の旬の食材が集まる“小築地”のようだ。


メニューの方も、シャリが見えないほど豪快なずわい蟹、ねぎとろ、うに、いくらの4種ネタが並ぶのっけ盛り寿司「こぼレインボー寿司(2980円)や、


築地から仕入れた鮮魚を枡のタワーで豪快に盛り付けた「SASHIMI江戸タワー旬の刺身盛り合わせ」(4980円)など、見ても食べても感激の逸品が豊富に揃う。


また、江戸当時の寿司屋を再現した「寿司屋台」では、着物・法被を着用しての撮影が可能。最速のFree Wi-Fiも完備されているので、リアルタイムでSNSに発信しちゃおう。

さらに毎週土日には、「寿司職人1日体験コース」も開催するなど、今までの寿司店とは一線を画すエンターテイメント性が魅力の「板前寿司 江戸」。ぜひ一度、江戸時代へのタイムスリップを満喫してみて!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP