ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

男のこだわり世界!腰差しタバコ入れやキセルなど喫煙具の"美"にフォーカス「伊達男のこだわり」開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東京・墨田区のたばこと塩の博物館で日本の喫煙具にフォーカスした展覧会が開催されますよ。

2016年11月19日(土)から2017年1月9日(月・祝)の期間で開催される展覧会「伊達男(だておとこ)のこだわり~きせる・たばこ盆・たばこ入れに見る職人の技~」では、江戸時代から昭和時代初期にかけての喫煙具に関連した150点もの資料が紹介されます。

普段から着物を着ていると、身の回りの持ち物を選ぶ際に「着物に合うかどうか?」が一つのポイントになってきますが、そんなときに参考にするのが江戸時代当時の庶民のファッション。

当時の庶民のファッションの中で特徴的な持ちものの一つが、腰差しのたばこ入れ。帯に差して携帯するたばこ入れは彫刻や金工などそれぞれに職人の技をみることができコレクターも多いです。タバコを吸わない私も着物を着はじめた当時は、見た目のかっこよさから意味もなくよく腰に差したりしていました。

本展ではたばこ入れをはじめ、たばこ盆やきせるなどの喫煙具を展示。それらの喫煙具には職人たちの手仕事の技が凝縮されており、一つの美術品として楽しむことができます。喫煙具の展示のほか、喫煙具を制作した職人や、持ち物としての喫煙具にこだわった歌舞伎役者や噺家などのエピソードも紹介。

用と美をあわせもつ喫煙具の世界をぜひ堪能してみてください。入館料は大人・大学生 100円なので気軽に観覧できるのも嬉しいですね。

たばこと塩の博物館

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

アート作品が大集結!「和」のアートにも出会えるデザインフェスタ開催
これはとってもステキ!やさしい色合いが美しい常滑焼の新たなスタイル「TOKONAME」
日本刀の魅力を全国に世界に!日本刀の歴史や職人技術を大画面で「映画 日本刀 ~刀剣の世界~」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP