ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ラグビーアニメ『ALL OUT!!』千葉翔也&安達勇人インタビュー「キャスト・スタッフ全員の熱量が凄まじい」[オタ女]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


高校ラグビーをテーマに、弱小チームが仲間との絆を深めながら成長していく青春スポーツアニメ『ALL OUT!!』。現在大好評放映中です。

背の低さにコンプレックスを持ち喧嘩っ早い「祇園健次」と、高身長でおとなしい性格の「石清水澄明」など、個性的なキャラクターが集結している“県立神奈川高校(ジンコー)”。今回オタ女では、祇園役の声優・千葉翔也さんと、石清水役の声優・安達勇人さんにインタビューを敢行。作品の魅力や、アフレコの雰囲気などお話を伺って来ました。


―『ALL OUT!!』は高校ラグビーをテーマにしたアニメですが、アフレコの際に、試合のシーンも多いので他のアニメとは違うアフレコの難しさはありましたか?

千葉:キャラクターの数が多いのですが、実際のアフレコでも迫力を出す為に、キャストも出来るだけ大人数が集まってやりました。タックルの勢いや、試合のシーンの臨場感を出す為に、(人数全員には)足りないマイクでやるのが技術的に難しかったです。

安達:熱量がすごいんです。タックル、スクラムを組む時の熱量は、声を出せば良いというものでは無くて。実際にスクラムをやらせていただいたので分かるのですが、大声を出しても踏ん張れなくて。「フンッ!」と本当に力を入れて踏ん張らないと出ない声、というリアリティにこだわりました。

千葉:一つの部屋に人数が多いので物理的に距離感が近くて。それによって色々な人と喋れるのが楽しい現場ですね。コーチ(籠信吾)役をやられている土師孝也さんをはじめ、声優界の大先輩も僕達が気を遣わない様に和気あいあいとした雰囲気を作ってくださって。

安達:キャスト、スタッフ全員の熱量が凄まじいので、僕も上映会で完成したアニメを観た時に皆の愛が伝わって来る作品だなあと。また、細谷佳正さんが、キャラクターの演じ方等をアツく教えてくださって本当に助かりました。

千葉:僕も初めての主演ですごく緊張をしていたのですが、(細谷さんが)「困った事があったら俺たちに任せて、演じる事に集中して大丈夫だよ」と言ってくださったのでとても有り難かったです。

―たくさんの先輩と仕事をしてみて「ここを、こう演じるなんて」と驚いたシーンはありましたか?

千葉:作品を観ていてどなたもが感動する、その回の山場的な(細谷さん演じる)赤山のセリフがあったのですが、細谷さんはそのセリフだけでは無く、試合後の何気ないセリフにとても感情を入れていて。それは監督さんも良い意味で驚いてらっしゃったのですが、「このセリフに力を入れよう」と力むのでは無くて、赤山になりきって演じていらっしゃるのが、すごく驚きました。

安達:僕は、八王子を演じる逢坂良太さんの演じ方がとても好きで。八王子が発する一言ひとことに、包み込まれるような感じを覚え、安心するんです。マイナスイオンが出てます(笑)。逢坂さんご自身も他作品で主役などもやられてきた憧れの先輩ということもありますが、僕らとあまり年齢が離れていないこともあって、優しい先輩の八王子が重なってみえるのだと思います。

―これだけたくさんのキャラクターがいる『ALL OUT!!』ですが、お2人が個人的に近いと感じるキャラクターは誰ですか?

安達:全てが似ているというわけでは無いのですが、石清水です。オーディションの段階で声を作らずに「石清水ってこうだな」って自然に出て来た声で挑ませてもらったので。中身も共感出来る部分があって。優しいところとか(笑)、周りの皆に対するスタンスというのも似ていて。後は……。やれば出来る所。僕もやれば出来る子なんですよ!(笑)

千葉:そうだよね!(笑) 僕は祇園はもちろんなのですが、作中で祇園がシンパシーを感じている賀茂は僕も好きです。身長が低くてラグビーに有利な体格では無いけど、自分の中で折り合いつけて頑張る所が、分かるな〜と思いながら。でも、どのキャラクターもとても人間味のあるキャラクターで、共感も出来るし、それぞれの出した答えが違うからぶつかるんだろうな……とか。見所がたくさんありすぎて。

―私はラグビーのルールがよく分かっていなかったのですが、『ALL OUT!!』は初心者の祇園がラグビーの知識や技術をどんどん身につけていくので、一緒に学ぶ事が出来てとても面白かったです。

千葉:そうですね! 最初は未経験で周りに迷惑をかけてしまう祇園がどう成長していくのか、というストーリーを楽しんでいただくと同時にきっとラグビーの事も好きになってくださると思います。観ている方が共感出来るキャラクターもきっといると思いますので。

安達:僕が一番好きな漫画・アニメが『スラムダンク』なのですが、『ALL OUT!!』も大げさじゃなく同じくらいアツく、夢中になれる作品だと思っています。それぞれのキャラクターの成長、そしてどんなチームになっていくのか、ぜひアツくなって楽しんでください!

―今日はどうもありがとうございました!

TVアニメ「ALL OUT!!オールアウト」公式サイト
http://allout-anime.com

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP