体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ハロウィン】テクいらずで落とすのも楽々! 『ミラクルペイント』で“立体傷メイク”やってみた

IMG_0053

年々本格的になっていく“ハロウィン”の仮装。数年前までは、ちょこっと変わったコスチュームを着るだけ、とかカチューシャや帽子を被るだけだったのが、今ではプロ顔負けのメイクを楽しむ人も。特に“ゾンビメイク”の人気は目を見張るものがありますよね。

しかし、いざゾンビメイクをやろうと思っても「何を準備してどうやれば良いのか分からない!」という人も多いはず。筆者はこれまで何度か自分でメイクしたことがあるのですが、ただ顔を黒&赤で汚したり、“血のり”頼りになってしまうこともあり、“ゾンビメイクのマンネリ化”に悩んでいました。

今年こそはもっと本格的なゾンビメイクをしたい……。そんな筆者の思いを知ってか、フェイスペイントブランド『ミラクルペイント』がサバイバルホラーゲーム『バイオハザード』とコラボした『立体傷メイクセット』を発表。早速使ってみました!

ミラクルペイント

『ミラクルペイント・バイオハザード立体傷メイクセット』は1480円(税別)。ドンキホーテや、マツモトキヨシ、AmazonなどのECサイトで販売されています。

ミラクルペイント

中に入っているのは、

・リアルな肌メイク用:ミラクルペイント(茶色・白)
・傷・血のり用:ミラクルペイント(赤×2本・黒×1本)
・バイオハザードステンシル:「アンブレラ」×3枚、
・「S.T.A.R.S.」×3枚、 ミラクルペイント(蛍光黄色×1本)
・専用デコペン、 傷用ヘラ、 テクニックブック

この1セットあれば、誰でも簡単に立体傷メイクにチャレンジできちゃうのです。

ミラクルペイント ミラクルペイント

メイクしやすいようにパレットや小皿を用意しても良いし、手の上に直接出してもOK。

IMG_0039

指でポンポン肌になじませながら、血メイクを作っていきます。

ミラクルペイントでウイルスメイク! | Vine
https://vine.co/v/5diALBFvm10 [リンク]

最初はピンクっぽく見える絵の具も、3~5分放置し、乾くとどんどん赤く、血らしくなっていきます。“傷用ヘラ”でシュッと勢い良く傷をつけると、ナイフで斬りつけたような傷に仕上がります。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。