ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これ便利!iPhoneもAndroid携帯も充電できるケーブル「UNO」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ライトニング端子のiPhoneのユーザーで、他の端末も使っていたり、モバイルバッテリーのようなデバイスを頻繁に使っている人なら経験があるかと思うが、充電ケーブルを使い分けるのはなかなか面倒だったりする。

多くのiPhoneはライトニング、モバイルバッテリーやデジカメ類はマイクロUSBであるためだが、そのどちらにも対応する“神ケーブル”がクラウドファンディングサイトIndiegogoに登場した。

・ケーブル交換の手間いらず

米国サンフランシスコ拠点のスタートアップが開発した「UNO」というのがそれ。

開発元が「2 in 1」とうたうように、ライトニングケーブルとマイクロUSBケーブルの両方を兼ねるというもの。

これ1本でどちらにも対応できるので、例えばパソコンに繋げて端末やデバイスを充電する際にケーブルを変える手間が省ける。

・2メートルのロングタイプも

ケーブルの長さは1メートルのものと2メートルの2種類。使うシーンによって、既存のケーブルでは短すぎるという人は2メートルを選ぶといいだろう。

また、カラーも黒、シルバー、グレイに加えてローズ、ミント、ラベンターといった明るい色も用意されている。充電シーンをおしゃれにしたい人には良さそうだ。

こんなの欲しかったという人は少なくないようで、Indiegogoではすでに調達目標額の6倍超を集めている。最もおトクなパッケージは完売で、今なら1メートルのケーブルが10ドル(約1000円)の出資で入手できる。

出資の受け付けは11月10日まで、発送は来年1月を予定している。

UNO/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP