ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

資生堂から美容ドリンク「モーニングブースター」誕生

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「朝食は、体温を上げる」そんな事実に着目して生まれた、目覚めの時間におすすめのドリンクが資生堂の化粧品専門店専用ブランド「ベネフィーク」から発売された。

「モーニングブースター」(125mL、ノープリントプライス)は、あたたかく美しい毎日のために、長命草(ボタンボウフウ)に、りんご、レモン、マンゴー、パッションフルーツの果汁をブレンドした美容ドリンク。飲むグリーンフルーツサラダとして、スッキリした味わいが楽しめる。

契約農園で農薬を使わず丁寧に栽培された「長命草」を手摘みで収穫、1本当たり生葉6枚相当量が入っているという。他にも美容成分として、ぶどうの果皮や新芽などに含まれる天然成分でポリフェノールの一種「レスベラトロール」や資生堂の研究開発で、美容効果を確認した独自素材「シベリア人参」も配合されている。

1本当たり、45kcal。常温でも飲みやすい美容ドリンクが、あたたかく美しい毎日を求める女性たちを応援する。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP