ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

bloodthirsty butchers 不朽の名盤がdommuneスペシャルプログラムで甦る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

bloodthirsty butchersが「kocorono最終盤」リリースを記念して、10月26日にスペシャルプログラム「僕達の『kocorono』 ~bloodthirsty butchers『kocorono最終盤』発売記念トークライブ~」をdommuneにて生放送することが決定した。

「kocorono」は1996年10月23日にリリースされて以来、楽曲を追加するなどして、これまでに4回リイシューされている不朽の名作。

アーティストや音楽業界関係者、クエリエイターなどのファンも数多い事で知られている。今回リリースされた「kocorono最終盤」は、生前リーダーの吉村秀樹自らが「あれは俺の宝」と語っていた幻の未発表音源「kocorono」を、スタッフの執念の捜索により奇跡的に発見されたことを受け、ボーナス・トラックとしてその「kocorono」を追加収録。当時のプロデューサー名越由貴夫を招聘してリマスタリングを施し、オリジナル盤発売からちょうど20年目の2016年10月23日、まさに「最終盤」としてリリースされた。

今回のスペシャルプログラムでは、この名盤「kocorono」がどのようにして生まれたかを当事者であるメンバー自身が語る、またとないプレミアムな内容となっている。また、リリース記念として「kocorono最終盤 特設サイト」も開設。このサイトではリスナーからの投稿を大々的に募集しており、アーティストの孤独な心象風景であった「kocorono」を通じてリスナーそれぞれに根付いた自分だけの「kocoronoの物語」を共有しているのでこちらもチェックしてほしい。(岡本)

・kocorono最終盤 特設ウェブサイト
http://www.kocorono.jp

「僕達の『kocorono』~bloodthirsty butchers『kocorono最終盤』発売記念トークライブ~」
2016年10月26日(水)19:00-21:00
■配信URL
http://www.dommune.com/
日本ロック界の「至宝」と謳われるbloodthirsty butchers屈指の名作『kocorono』。
発売から20年を経て奇跡のボーナストラック収録&最新リマスター&豪華装幀で世に放たれる『kocorono最終盤』の完成を記念して、この世紀の名盤がどのようにして生まれたのかを当事者であるメンバー自身が語るプレミアム・トーク。

出演:射守矢雄(bloodthirsty butchers) 小松正宏(bloodthirsty butchers)
MC:椎名宗之(Rooftop編集長)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP