ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Huawei P9で画面の解像度を下げて描画性能とバッテリーの持ちを良くする方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Huawei P9 には画面の解像度を下げることで描画性能を高めつつバッテリーの消費電力を抑制できる他社のスマートフォンでは見られない省電力機能を搭載しています。Huawei P9 の解像度は 1,920 x 1,080 ピクセルですが、標準機能の「バッテリーマネージャー」内の「画面解像度を下げて省電力」を ON にすると、1,280 x 720 ピクセルに下がります。解像度が高いとそれだけ描画するピクセル数が増えるため GPU の消費電力も増えます。また、GPU が非力だと、描画性能が悪くなります。今回の Tips では、解像度が下がるので画質もやや劣化するデメリットはありますが、性能向上とバッテリーの持ちの改善には有効だと言えます。ただ、実際に機能を有効にしたところで、一般的な操作の場合にはフル HD 解像度との差はさほどありません。この機能は特に 3D ゲームを利用する場合に有効です。

■関連記事
Y!mobile、「スマホプラン」の通話無料サービスの上限回数を来年2月に撤廃
dTV、「ウォーキング・デッド シーズン 7」を本日21時より配信、12時から抽選でオンライン試写会も実施
Huawei、2017年3月にもMateBook 13.3インチ / 15.4インチモデルを発売か?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP