ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プライマル・スクリーム、3年ぶりのJPNツアーで新木場をダンスフロアに!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最新アルバム『CHAOSMOSIS』を携えた、プライマル・スクリームのジャパン・ツアー最終日公演が10月20日に東京、新木場Studio Coastにて行われた。

3年振りの日本でのライヴを待ちにまった観客の熱気と歓声の中、赤のセット・アップできめたボビー・ギレスピー、アンドリュー・イネスをはじめとしたバンドメンバーがステージに登場、オープニングは90年代を代表する名盤『Scremadelica』からの「Movin’ On Up」でスタート。立て続けに最新作より、スカイ・フェレイラとの共演が話題を集めた「Where The Light Gets In」を披露、アンドリュー・イネス、マーティン・ダフィをはじめとしたバンドの演奏も切れ味よく、前回の来日公演時はベースのシモーヌ・バトラーがバンドに参加したばかりだったか、時折コーラスを挟みながら、力強くバンドの演奏を支えるプレイは見事の一言、強烈な個性を持つバンドのステージには無くてはならない存在感を放っていた。

代表曲を交えた“爆発力”のある選曲でみせた前半から、ボビーのエモーショナルなボーカルで聞かせる「(I’m Gonna)Cry Myself Blind」、サイケデリックな「Higher Than The Sun」、最新作のオープニング・ナンバーでもある「Trippin’ On Your Love」など、バンドの美しくメロウな側面をみせてくれる演奏を中盤で披露し、後半戦に突入。2000年代に入ってからのバンドを代表するロックンロール楽曲「Swastika Eyes」に始まり、会場をダンスフロアの空気に一気変えてしまう「Loaded」から、「Country Girl」へとトップギアを入れオーディエンスをのみ込んで行くあたりは、30年の活動歴をもつ彼らならではと言えるだろう。彼らの数々の代表曲の中でもひと際人気の高い、体で感じるロックの楽しさを詰めこんだ「Rocks」で本編が終了。

アンコールは「Come Together」を披露、日本を愛するバンドとバンドを愛する日本が一つになり、混沌としたこの時代に美しく輝く感動的ともいえるフィナーレで日本公演を終了した。一つのステージでこれだけの音楽の要素が感じられるプライマル・スクリームのステージは、完成形ではなくこれからもきっと進化を遂げて行くに違いない。

photo by Mitch Ikeda

【セットリスト】

01.Movin’ On Up

02.Where The Light Gets In

03.Jailbird

04.Accelerator

05.(Feelig Like A) Demon Again

06.Shoot Speed / Kill Light

07.(I’m Gonna)Cry Myself Blind

08.Higher Than The Sun

09.Trippin’ On Your Love

10.100% Or Nothing

11.Swastika Eyes

12.Loaded

13.Country Girl

14.Rocks

アンコール

15.Come Together

アルバム『CHAOSMOSIS』
2016年3月16日発売

SICX39/¥2,400+税

<収録曲>

01.Trippin’ On Your Love

02.(Feeling Like A) Demon Again

03.I Can Change

04.100% Or Nothing

05.Private Wars

06.Where The Light Gets In

07.When The Blackout Meets The Fallout

08.Canival OF Fools

09.Golden Rope

10. Autumn In Paradise

11. Where The Light Gets In (U-Bahn zum Hansaplatz Remix)※日本盤CDのみのボーナス・トラック収録



カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP