ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android Payがブートローダーアンロックした端末で使用不可に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Gogole がひっそりとブートローダーをアンロックしている端末で Android Pay を利用できないようにサービス側の設定を変更した模様です。Android Pay はこれまで、root 化されていなければブートローダーがアンロックされた状態でも使用することは可能でしたが、今では root 化していない場合でもブートローダーがアンロックされているだけでアプリ機能へのアクセスが停止されるようになったのです。Google は、端末が root 化されているのかどうかを確認できるシステム改変チェック機能を Android に導入しており、これを使って端末の状態を確認していましたが、Magisk や suhide に代表される root 化偽装アプリによって破られたり対策し直したりの繰り返しという状況です。これらのアプリは大抵の場合、ブートローダーをアンロックする必要のあるカスタム ROM で使用されていることから、ブートローダーのロック状態によって判別する仕組みに変え、root 化問題を解消しようとしているように見えます。Android Pay は国内でも開始されると言われており、おそらく、海外と同様にブートローダーをアンロックしていると利用できない可能性があります。

■関連記事
LGは次期フラッグシップ「G6」でモジュラーデザインを不採用
Google、海外でGoogle Playブックスのギフトサービスを開始
Google Pixelの落下テスト映像

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP