ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タップダンサー熊谷和徳、NYのダンス最高峰【Bessie Awards】を受賞

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 NYで毎年行われている、あらゆるジャンルのダンスの最高峰の賞である【New York Dance and Performance Awards】(通称【Bessie Awards】)授賞式が、10月18日に開催され、タップダンサーの熊谷和徳が「OUTSTANDING PERFORMER(最優秀パフォーマー)」部門を受賞したことが分かった。

 授賞式はNY・ブルックリンのBAM Howard Gilman Opera Houseで開催。熊谷の受賞はアジア人のタップダンサーとしては史上初の快挙となる。今年は「LIFETIME ACHIEVEMENT AWARD(功労賞)」を、同じくタップダンサーのブレンダ・バッファリーノ(Brenda Bufalino)が受賞するなど、タップダンサーがイベントの主役の年となった。

<熊谷和徳コメント>

19歳でNYへ渡ってからちょうど20年になるこの年に、このような賞を受賞したことが本当に嬉しいです。未だ信じられません。往年のタップマスターであるブレンダ・バッファリーノの受賞を見て胸が熱くなっていた後の発表でしたので、本当に感動しました。いままで数々の困難を乗り越えタップダンスというアートを繋いできてくれた多くのタップダンサーの先人達に心から感謝をしています。まだまだ自分はタップダンサーという人生の旅の途中であるとおもっていますので、これからまた努力し踊り続けていきたいとおもいます。

***

Photo By 宮川舞子

関連記事リンク(外部サイト)

様々な経験を経て“大人”に…これまでとは違うガガの“歌力”が堪能できる『ジョアン』(Album Review)
玉置浩二作曲「歓喜の歌」、?澤寿男指揮のもと国連欧州本部で演奏
デヴィッド・ボウイ、地球への最後の贈物『ラザルス』より未発表音源が公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP