体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

チェスにおけるコンピュータ不正行為の歴史(Masayuki Hatta a.k.a. mhatta)

チェスにおけるコンピュータ不正行為の歴史(Masayuki Hatta a.k.a. mhatta)

今回はMasayuki Hattaさんのブログ『Masayuki Hatta a.k.a. mhatta』からご寄稿いただきました。

チェスにおけるコンピュータ不正行為の歴史(Masayuki Hatta a.k.a. mhatta)

将棋における不正疑惑がこのところ話題だが、お隣のチェスではどうなんだろうと思った。私は一応チェスも指すのである(将棋と同じくらい弱いが)。調べてみると、WikipediaにすでにCheating in chessというそのものずばりの項目があった。

一口にチート(不正行為)といってもやり方はいろいろあるわけだが、おもしろいのでコンピュータがらみのものだけ訳してみた。

なお、将棋しか知らない人にはやや奇異に思われるかもしれないが、チェスには別に将棋の順位戦のようなものはなく、世界各地で毎週のように大小様々なトーナメントが行われている。その勝敗でレーティングが上下し、ある基準をクリアするとFIDE(国際チェス連盟)からグランドマスター(GM)やインターナショナルマスター(IM)といった称号が与えられる。そうしたトーナメントの賞金稼ぎで生計を立てているプロ・プレイヤーもいれば、そういった連中のコーチとして食べている人もいる。テニスみたいなもんですね。

■ 1993年のアメリカ・フィラデルフィアにおけるワールド・オープン。「ジョン・フォン・ノイマン」を名乗る(明らかに偽名)全く無名のプレイヤーが自由参加部門に参加。グランドマスター(最高位、レート2500以上)と引き分け、レート2350の強豪プレイヤーを破るなど4勝1分けの好成績を収める。ところがこの人物はヘッドフォンを着用しており、ポケットにはゲームの勝負どころでブンブン音が鳴る怪しげな膨らみがあった。後で主催者に問い詰められたこの人物はそもそもチェスに関してほとんど知識がないことを露呈し、大会から追放。これがコンピュータを使ったチートの最古の例の一つのようである。

■ 1998年のドイツ・ベブリンガー・オープン。あるプレイヤーが、著名コンピュータ・チェス・プログラムのFritzを使ってチートしたのではないかと疑われる。地方検事による調査(そこまでやるんか)でははっきりした証拠は出なかったものの、バヴァリア・チェス連盟はこの人物を将来の大会から追放。

■ 2002年のドイツ・ランペルトハイム・オープン。あるプレイヤーに不審な動き。彼は(多くの場合自分の手番で)相当な時間トイレへ行き、数手ぱっぱっと指してはまたトイレへという感じだったので怪しまれた。主催者が(複数人で)トイレまで追跡。音からは用を足している雰囲気はなく、下から覗いて(!)足の向きから便器に腰掛けているわけではないことを確認。隣りのブースに入り便器に乗って上から覗き(!)ハンドヘルドPCでチェスプログラムを使っていることを確認。この人物は電子メールを見ていただけと反論したが、コンピュータの提出は拒否。すぐに大会から追放。他のトーナメントからの追放も要請。これは主催者のほうがセクハラか何かで訴えられそうな気がするが(笑)。

■ 2005年のアメリカ・ミネアポリスにおけるHBグローバル・チェス・チャレンジ。レート2000以下部門のあるプレイヤーが、ゲーム中に携帯電話で何度も会話(そもそも通話自体禁止されていたのだが)。6週間後、同じプレイヤーがワールド・オープンに参加。レート2200以下部門で3位となり、5,833ドルを荒稼ぎ。6週間前の出来事を把握した主催者は大会から追放しようとしたものの、この大会での不正の証拠は無く、プレイヤーが法的措置も示唆したので参加続行を認める。

■ 2006年のインドにおけるサブロト・ムカージー記念国際レーティング・チェス・トーナメント。あるプレイヤーがBluetoothによる受信機を仕込んだ帽子をかぶって参戦し、コンピュータで解析する共犯者からの連絡を受けながらプレイ。短期間に急激にレートを上げた(1933から2484)こと、複数の対戦相手からの苦情、コンピュータと指し手が一致などの傍証があり、7回戦でインド空軍が(!)金属探知機で調査、機材が露呈。全インドチェス連盟による調査(弁明の機会あり)のあと10年間の追放処分。厳しすぎるとの意見には「一罰百戒」と。

■ 2006年のフィラデルフィア・ワールド・オープン。低レート部門の決勝戦に進み、賞金18,000ドルに手をかけたプレイヤー。主催者に問い詰められ、耳栓型のPhonitoという無線受信機を使っていることが露呈して大会から追放。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy