体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

その量、2人前以上! 寿司居酒屋さん「馬ん場」のランチ海鮮丼がすごい【京都・葛野大路八条】

f:id:mesitsu_la:20160920194604j:plain

みなさまこんにちは。メシ通レポーターのナガオヨウコです。

京都にはレベル高から庶民派まで、ありとあらゆる飲食店があります。が、悩みもそれなりにあります。それは「美味しい海鮮を食べられるお店が少ない」ということ。

6,000円も出せば、美味しい海鮮ものを食べられる場所はたくさんあります。

しかし、求めているのは<安く><いろんな種類の海鮮を><おなかいっぱい食べられる>という、庶民歓喜のお店。

そんな、私と同じ願望&欲望を持つ、『メシ通』読者のみなさんにおすすめのお店があります。

f:id:mesitsu_la:20160920194616j:plain

場所は、葛野大路八条の交差点を南に向かってすぐ。葛野大路通りの東側。

f:id:mesitsu_la:20160920194615j:plain

「すし・ごはん 馬ん場」です。

f:id:mesitsu_la:20160920194554j:plain

お店を切り盛りしているのは、外山さんという女性です。

「このお店は、亡くなった主人が営んでいた『絶叫』という寿司居酒屋さんが前身。右京区の梅津と西京極にあったのですが、その2店舗をたたんでこちらに移ってきたのが10年前なの。

主人はとにかく豪快な人でね〜。京都の和食は見た目を重視したおもてなしだけど、おなかがいっぱいにならない。 主人は『おなかいっぱいになって帰ってほしい!』との思いが強くて、どんどんボリュームを増やしていったのよ」

寿司居酒屋さんに『絶叫』て。そんなトリッキーな店名を付けるご主人ですから、きっと豪快な方だったのでしょう、と推測。

f:id:mesitsu_la:20160920194555j:plain

手元のサーモンを見ると、見たこともないくらいの特大サイズ。期待が高まってまいります。

f:id:mesitsu_la:20160920194552j:plain

店内には、そそるメニューがずらり。

1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。