体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アンジュルム ハロプロの主役になった日「伝統を大切にしたい。でも、ぶっ壊していきたいとも思います!」時代は変革期へ

アンジュルム ハロプロの主役になった日「伝統を大切にしたい。でも、ぶっ壊していきたいとも思います!」時代は変革期へ

 10月19日に新シングル『上手く言えない/愛のため今日まで進化してきた人間 愛のためすべて退化してきた人間/忘れてあげる』をリリースしたアンジュルムが、同日に池袋サンシャインシティ アルパB1F 噴水広場にてリリースイベントを開催した。

<ハロプロ各グループも応援「アンジュルム新曲発売」トレンド入り達成>

 この日は、事前にツイッターで「アンジュルム新曲発売」をトレンド入りさせようという呼び掛けもしており、ファンはもちろん、なんとモーニング娘。’16やJuice=Juice、カントリー・ガールズなど同じハロプロのグループをはじめ、様々なアイドルグループやそのメンバーのツイッターアカウントも「アンジュルム新曲発売」と一斉ツイートする形で協力し、トレンド入りを達成。アンジュルムにとって、ハロプロの主役……もといアイドルシーンの主役になれた日となった。そんな大注目を集める中、イベント終了後の各メディアによる囲み取材では、竹内朱莉が「打倒、モーニング娘。」を掲げ、ハロプロでナンバーワンのグループを目指す事が公言された。これを受け、当編集部は「モーニング娘。を超える為の秘策」について質問。以前より「ハローがアイドルで1番だと思ってます。それをみんなに知ってほしいです。そして、アンジュルムが1番だということも示したい! だから、私はアンジュルムにいる!」と述べていたリーダーの和田彩花が答えてくれた。この一連の流れの詳細は以下の通り。

<「謙虚な気持ちも大切。だが、勢いがある発言も大切。竹内です。」>

代表記者:℃-uteが来年6月に解散すると、だいぶ先輩のグループになりますが、これから引っ張っていく側として何かあります?
和田彩花:℃-uteさんが解散するのは「寂しいな」というのが正直あるんですけど、逆にこれをチャンスに私たちがハロプロを引っ張っていけるように頑張れたらなと思いますし、ハロプロで一番になりたいです。
代表記者:じゃあ、モー娘。を倒す?
和田彩花:…………(笑顔)
竹内朱莉:いや、イケるんじゃないですかね?
和田彩花:ねぇ! 彩花は言わなかったのにぃ!
竹内朱莉:しぃっ! 言わせて、言わせて、お願い!
和田彩花:わかった!
竹内朱莉:気付いちゃったんですけど、今まで囲み取材とかやらせて頂いてて、「今年アンジュルム売れる」とか言い続けてたんですけど、その成果は……まぁ地道には上ってきてたとは思うんですけど、目に見えては分からない程度だったんですね。なんですけど、今回のこのリリースイベントで、明らかに今までと人の多さが違くて、「これ、来たな」と思いました。あと売れるのはもう時間の問題だなと。
代表記者:じゃあ、モー娘。を倒す?
竹内朱莉:もう来年再来年にはバコン! アンジュルム1位! やりますよ!
代表記者:じゃあ、宣言してもらえます?
竹内朱莉:えーっと、どこだ? カメラ。
代表記者:正面で。
竹内朱莉:はい。そのうち! ハロプロで1位になります!
和田彩花:そのうち(笑)?
竹内朱莉:まぁ今年いっぱいとは言いません。じゃあ、来年! モー娘。を倒します!
一同:いぇーい。
竹内朱莉:なんか乗り気じゃないじゃん?
和田彩花:もうちょっと謙虚に頑張っていけたらいいかなと思います。
一同:(笑)
竹内朱莉:謙虚な気持ちも大切。だが、勢いがある発言も大切。竹内です。
一同:(爆笑)
勝田里奈:メンバーを代表して竹内朱莉の発言が使われてしまうのが心苦しいです。
竹内朱莉:(笑)。8対1になった気分ですが……でも私は今後、先輩方のようにどんどんバラエティとかでも活躍していきたいなと思うので、まずこういうところで攻めていこうかなと思ってるんです。なので、ぜひ見出しとか「竹内、今日もやっちゃった」みたいな感じで使って頂けたら幸いでございます。

<偉大な先輩たちが紡いできた伝統への想い、変革への野心>

◎当編集部からの質問&和田彩花からのアンサー

--モーニング娘。に勝ちたいとのことですが、アンジュルムがハロプロでナンバーワンになる為の秘策などあったら聞かせて下さい。
竹内朱莉:そこはもうリーダーがバシっと言ってくださいよ!
和田彩花:ねぇ! そこまで考えてないんでしょ!? 本当にひどい(笑)。
竹内朱莉:リーダーがバシっと言ってくれれば丸く収まるから!
和田彩花:秘訣ですよね。このままこの調子でやっていけば大丈夫じゃないかなと思ってますし……でもやっぱりモーニング娘。というグループが目の前に居るときは黙ってて、居ないところでどんどん言っていけたらなって。
一同:(笑)
和田彩花:悪口とかじゃないですよ(笑)! でも居るところでは謙虚に影を潜めて、言うときには言う。
竹内朱莉:こういうところでは爆発させる!
和田彩花:偉大な先輩たちが紡いできた伝統っていうものがあるので、そこは私自身も大好きな部分ではあるので、大切にしたい。でも、ぶっ壊していきたいとも思います!

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。