体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】100年以上続く老舗の天丼を食べてみました @『八ツ手屋』

yatudeya038_r

ガジェット通信編集部のある秋葉原から『とんかつ冨貴』が無くなってしまいました。

閉店した理由に関しては様々な噂も有りますが、やはり数年前の“閉店騒動”を考えると、まあ潮時かなと思った筆者(YELLOW)です。

というわけで、今こそ古き良き名店を特集するべきではないでしょうか?

後悔する前に行っておけ説を小一時間説きたい

yatudeya036_r

『とんかつ冨貴』に限りませんが、いざ閉店となってから

「もっと通えば良かった……。残念です。」

みたいな声を出す人が少なくありません。いや、だったら行けよって話ですが、誰もが気になる店の近隣に住んでいるわけではないので、そう簡単に済む話ではありません。

なので「遠いから行けない」を力説する人の気持ちはごもっともですが、あえて言おう!

「歳を重ねてジジババになると人間の行動範囲は狭まるので電車を乗り継いででも気になる店には一回くらい行け!行って下さいコノヤロー!!」

他にも大事な事を伝えておきますと、

「歳を重ねてジジババになると脂っぽい料理が無理になるから若い時こそ脂ギッシュに生きろ!羽ばたけ!!」

以上です。

無論、そんなに食べ物に興味無いって人にはどうでも良い案件ですが、人間の寿命は長いようで短いので、とりあえず冥途の土産と言うか想い出のひとつとして“食べ歩き”みたいなのはオススメで御座います。

yatudeya037_r

と、食べ歩き向きのマニアックな店を紹介すると、これまた批判する人も出るのですが、やはり個人経営の飲食店と言えども、利益が出ない事にはどうにもならないので、新規のお客さんを拒む様なのは如何なモノかと思います。

例えば『とんかつ冨貴』ですが、もしも普段から行列が出来るくらい人気があって、かなりの黒字経営だったならば、もしかしたら今でも店が続いていた可能性は否定出来ません。

確かに中の人も引退したい年頃かもですが、儲かっていれば人を雇ったりしていくらでも続ける事は出来ます。

そして利益が出ていれば、店の人同士で揉める事も無いだろうし、店を続けようと言うモチベーションにもなるはずです。

つまり!

どんどん大規模チェーン店にお客さんが流れてしまう昨今、新しい世代が古い店に訪れて“本物の美味しさを知る”という事は、非常に重要であると同時に未来の(略

創業大正3年!老舗の天麩羅『八ツ手屋』

yatudeya014_r

そもそも大正3年と言われてもピンと来ないのですが、創業1914年と聞くと「マジか!!!」みたいなリアクションが生まれるでしょうか?

まさに100年以上続く“老舗”としての看板を背負った『八ツ手屋』は、筆者的にもリスペクトで御座います。

yatudeya013_r
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。