ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

下り最大500Mbps対応のハイエンド機から648円スマホまで スマートフォン7機種を発表したドコモ冬春モデル発表会レポート

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


NTTドコモは10月19日、『NTTドコモ 2016-2017冬春 新サービス・新製品発表会』を開催。スマートフォン7機種と関連サービスを発表しました。レポートをお届けします。


発表会にはNTTドコモ代表取締役社長の吉澤和弘氏が登壇。今回の発表会は「MORE」をテーマに3カテゴリーについて発表を行いました。

下り最大500Mbps対応の『Xperia XZ』『V20 PRO』


1つ目は「MORE Variety」として新製品・新サービスを発表。トピックとして下り最大500Mbosの『PREMIUM 4G』対応スマートフォン『Xperia XZ SO-01J』『V20 PRO L-01J』、下り最大682Mbpsに対応するWi-Fiルーター『Wi-Fi STATION N-01J』を発表しました。受信時最大500Mbps超のサービスは、2017年3月に全国125都市からの提供を予定しています。


『Xperia XZ SO-01J』は、ソニーモバイルが9月の『IFA 2016』で発表したグローバルのフラッグシップモデル。高速オートフォーカスや動画撮影の5軸手ブレ補正、セルフィ―もきれいに写せる1320万画素のインカメラなど、カメラ機能の進化をアピールしました。



OSにAndroid 6.0、約5.2インチ 1920×1080ドットディスプレー、2.2GHz+1.6GHzクアッドコアCPU、3GB RAMと32GB内蔵メモリー、2300万画素カメラ、2900mAhバッテリー、USB Type-C端子を搭載。防水・防じん、ワンセグ・フルセグに対応します。本体サイズは約146×72×8.1mm、重量は約161g。本体カラ―はForest Blue、Platinum、Mineral Black、Deep Pinkの4色をラインアップ。11月上旬に発売を予定しています。


LGエレクトロニクス製の『V20 PRO L-01J』は、グローバルのフラッグシップモデル『LG V20』をドコモ向けにカスタマイズしたモデルで、昨日au向けに発表された『isai Beat』とほぼ同スペックの製品。今回の発表で唯一、OSに最新のAndroid 7.0を搭載しているのも特徴です。Quad DACによる高音質の音楽再生、一眼レフ並みの高精細なカメラ、動画撮影時の高性能な手ブレ補正といった機能を紹介しました。



OSにAndroid 7.0、約5.2インチ 2560×1440ドットディスプレー、2.1GHz+1.5GHzクアッドコアCPU、4GB RAMと32GB内蔵メモリー、約1620万+約820万画素カメラ、2900mAhバッテリーを搭載。防水・防じん、ワンセグ・フルセグに対応します。本体サイズは約149×72×7.9mm(予定)、重量は約130g。本体カラ―はTinanのみ。2017年2月に発売を予定しています。

驚きの648円! ドコモ初のオリジナルスマホ『MONO』


続いて、ドコモで初となるオリジナルブランドのスマートフォン『MONO MO-01J』を発表しました。シンプルなデザインに、ワンタッチでマナーモードに切り替えられるスライドキーなど毎日便利に使える工夫があると説明されましたが、驚くべきはその価格。ドコモオンラインショップからの購入で購入サポートを利用する条件で、なんと一括648円(税込み)。



OSにAndroid 6.0、約4.7インチ 1280×720ドットディスプレー、1.5GHz+1.2GHzオクタコアCPU、2GB RAMと16GB内蔵メモリー、1330万画素カメラ、2440mAhバッテリーを搭載。防水・防じんに対応します。本体サイズは約136×69×8.8mm、重量は約138g。本体カラ―はWhiteとBlackの2色。12月上旬に発売を予定。

『Xperia』コンパクトモデルや『arrows』『AQUOS』『Disney Mobile』も


続いては『Xperia X Compact SO-02J』を発表。こちらも『IFA 2016』で発表されたコンパクトモデルで、国内ではドコモのみからの販売となります。『Xperia ZX』と同等の最先端のカメラ機能をアピール。



OSにAndroid 6.0、約4.6インチ 1280×720ドットディスプレー、1.8GHz+1.4GHzヘキサコアCPU、3GB RAMと32GB内蔵メモリー、2300万画素カメラ、2700mAhバッテリー、USB Type-C端子を搭載。防水・防じん、ワンセグに対応します。本体サイズは約129×65×9.5mm、重量は約135g。本体カラ―はMist Blue、White、Universe Black、Soft Pinkの4色。11月上旬に発売を予定。


富士通コネクテッドテクノロジーズ製の『arrows』の最新モデル『arrows NX F-01J』を発表。1.5mの高さからコンクリートに落下させても大丈夫な“画面の割れにくさ”をアピール。虹彩認証では、明るい場所でも認識できるなど精度が向上しています。



OSにAndroid 6.0、約5.5インチ 1920×1080ドットディスプレー、2.0GHzオクタコアCPU、3GB RAMと32GB内蔵メモリー、2300万画素カメラ、2850mAhバッテリーを搭載。防水・防じん、ワンセグ・フルセグに対応します。本体サイズは約156×75×7.7mm(予定)、重量は約170g。本体カラ―はCopper、White、Blackの3色。12月上旬に発売を予定。


次にシャープ製の『AQUOS EVER SH-02J』を発表。IGZO液晶搭載で3日以上の電池持ち、指紋認証対応の機能を紹介しました。



OSにAndroid 6.0、約5.0インチ 1280×720ドットディスプレー、1.4GHz+1.1GHzヘキサコアCPU、2GB RAMと16GB内蔵メモリー、1310万画素カメラ、2700mAhバッテリーを搭載。防水・防じんに対応します。本体サイズは約143×71×8.3mm、重量は約138g。本体カラ―はChampagne Gold、Pure White、Navy Black、Rose Pinkの4色をラインアップ。11月上旬に発売を予定しています。



続いて『Disney Mobile on docomo DM-01J』を発表。スワロフスキー・クリスタルをあしらったカバーが付属し、開園15周年を迎えた東京ディズニーシーをテーマにしたライブ壁紙をプリインストールしたモデル。



OSにAndroid 6.0、約5.0インチ 1280×720ドットディスプレー、1.4GHz+1.1GHzオクタコアCPU、2GB RAMと16GB内蔵メモリー、1310万画素カメラ、2700mAhバッテリーを搭載。防水・防じんに対応します。本体サイズは約143×71×8.3mm(予定)、重量は約130g。本体カラ―はPink、Blueの2色。2017年2月に発売を予定。

新端末としてはこのほか、携帯電話の『AQUOSケータイ SH-01J』『P-smartケータイ P-01J』、『らくらくホン F-02J』『らくらくスマートフォン4 F-04J』、『キッズケータイ F-03J』が発表されました。


新サービスとしては、美容室や飲食店向けに提供する電子雑誌の定額読み放題サービス『dマガジン for Biz』を12月に開始することを発表しました。

『dポイント』関連サービスと研究開発に関する発表も


「MORE Benefit」として次の発表テーマに選ばれたのはドコモのポイントサービス『dポイント』。加盟店が22社、2万900店舗に増えたというアップデートに続き、全国のiD加盟店とMastercard加盟店での支払いに利用できるプリペイドカードに『dポイント』カードの機能を合わせた『dカード プリペイド』を11月下旬から提供することを発表しました。


「MORE Possibility」というテーマで発表されたのは、ドコモが研究開発を進めている取り組み。一つ目は、耳が聞こえづらい利用者向けに、通話相手が話す内容をリアルタイムにテキスト化して表示するサービス『みえる電話』の開発を発表。10月19日からモニターを募集し、トライアルサービスの提供を開始することを明らかにしました。


続いて、ドローンを活用してさまざまな検証を行う『ドコモ・ドローンプロジェクト』の開始を発表しました。同社はこれまで、携帯電話ネットワークを利用することでドローン搭載カメラの映像、機体の状態、位置情報をリアルタイムに伝達する技術、遠隔制御技術を検証。仙台市で防災や減災にドローンを活用したり、新潟市で農業へドローンを活用する取り組みを進めてきました。


11月からは福岡市で、離島地域に住むシニアや子育て世帯に対して、電話で依頼を受けた商品を自宅までドローン配送する『社会的課題解決を見据えた買い物代行サービス』の実証実験を開始することを発表しました。ドコモは携帯電話ネットワークを利用したドローンを『セルラードローン』と呼び、『セルラードローン』の目視外長距離運航の実現に向けて検証を進めていく方針です。

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP