ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1箱500円! 瀬戸内産天然エビ使用のカルビー『かっぱえびせん』が全国でも買えるようになったよ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


パッケージから主張してくる海老、そして軽さと風味。ノンフライであっさりとしているため、「やめられない、とまらない」でお馴染みのカルビー『かっぱえびせん』は、エビ風味スナックの定番ですよね。

そんな『かっぱえびせん』に、根本からグレードアップした、高級なシリーズが存在しているんです。その名も『かっぱえびせん 匠海(たくみ)』

高くても1袋150円くらいで買えるであろう普通の『かっぱえびせん』シリーズと比べると、『かっぱえびせん 匠海(たくみ)』は1箱10枚入りで500円という強気価格! 高い! 高くない!? 『かっぱえびせん』でしょ? 10枚で? そもそも10枚って数え方が謎。しかし、これでもお安くなったらしいですよ。

広島で誕生したカルビー。『かっぱえびせん 匠海(たくみ)』は、会社発祥の地である広島を中心に、2006年から中国・四国地方のみで販売されていたんです。


今まで、期間限定でアンテナショップで取り扱っていたこともあるようですが、価格やパッケージをリニューアルし、10月17日より全国での販売が開始! と言っても、百貨店やお土産売り場、アンテナショップでの取扱いになります。

エビが6倍! しかも瀬戸内海産の天然エビ100%


ぜひ触って欲しい、高級感のあるパッケージ。


箱を開けると、わあ、上品に金色に輝く個包装が並んでいます!


そして、1枚と数える理由がわかる、幅広の形状! 通常商品同様、こちらの商品もノンフライ。


食べてみると、硬くしっかりとした歯ごたえがあり、ギュッと詰まった印象。表面や断面に、エビの欠片を見ることができます。


それもそのはず、練り込まれたエビは通常商品の約6倍! そして瀬戸内海の希少な天然エビのみを使用! 味付けの塩も瀬戸内海で作られる“海人の藻塩”を使用しており、香ばしいエビの風味をまろやかに引き立てています。

製造も広島工場で行うなどこだわりぬいており、価格が高いのも納得。リニューアル前は10枚537円(税抜)、30枚1715円(税抜)でしたが、現在は10枚500円(税抜)、40枚2000円(税抜)に。それでも『かっぱえびせん』としては高級!

食べた編集部スタッフの感想:
・スナックの域を超えている
・濃厚で後を引く風味
・幅広の形状なので、口に入れるとすぐに舌全体で味を感じることができる


頻繁に食べることはないにしても、お茶請け用やちょっとした贈り物として手に取ってしまいそうですよね。全国で買えるようになったのは嬉しいです。

かっぱえびせん 匠海 商品ページ:
http://www.calbee.co.jp/shohinkensaku/product/?p=20160819142315

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP