体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『デスノート』東出昌大・池松壮亮インタビュー 「人生であまりにも大きな事件でした」

_O2A6099

10月29日(土)より公開となる映画『デスノート Light up the NEW world』。2006年の映画『DEATH NOTE』『DEATH NOTE the Last name』から10年後の世界を舞台にしたまさかの続編は、出演した東出昌大池松壮亮にとっても重要な意味を持つ作品となったようだ。

デスノートを駆使して世の中の凶悪犯を次々と死に追いやったキラと、命をかけてキラを食い止めたLとの対決から10年。今作では地上に6冊のデスノートがばら撒かれ、大混乱に陥った世界を舞台に新たな登場人物たちが躍動する。

mishima

東出:「製作発表があった時に、僕もファンの方々と同じように驚いたというのが本音です。僕も作品のファンだったので、“10年後の今、何でコレをやるの?”という声があるのも理解できます。批判が出るのも当然ですけど、出来上がった作品は本当に新しくて、コミックスというガイドラインがない分、みなさんに楽しんでもらえる物語に仕上がっています。“なんで?”というファンの気持ちも分かりますが、“とりあえず観ろ!”って言いたいですね(笑)」

そう意気込む東出が演じるのは、キラ事件に精通するデスノート対策本部捜査官・三島創。10年前のキラ事件の資料から夜神月のことを徹底的に調べ上げ、デスノートの事件とルールに精通する人物だ。

東出:「三島は映画オリジナルのキャラクターですけど、前作のLを尊敬し、一方で夜神月(キラ)の影を感じさせるような人物です。いかにも『デスノート』っぽいマンガ的なビジュアルの登場人物がいる反面、三島は警視庁内の人間なので奇抜な格好をすることはありません。スーツを着て真面目に仕事をする姿が映ることで、観客にリアリティを感じさせ、ストーリーを説明するような役割も担っています」

一方、池松が演じるのは、三島とともにデスノートの封印を誓う世界的探偵・竜崎。その名の通りLの後継者であり、役を演じるプレッシャーは想像に難くない。

ryuzaki

池松:「『デスノート』の魅力は死神という強烈なキャラクターにも劣らない魅力を持った登場人物たちだと思います。10年前にあれだけの原作をもって、あれだけの映画を作って、Lというキャラクターが観た人の中に育ってしまっているんですよね。正直なことを言えば、それを超えるのはまず無理だと思いました。だからこそ演じていて面白かった部分もあります。Lの遺伝子を持ち、Lを超えるためだけの人生って、想像し得ないくらいぶっ壊れていると思うんです。そんな竜崎がどんな生き方を選択するのか考え時に、ゴールは一緒でもすべてLの真逆をいくんじゃないかなって」

16歳の時に前作を観賞してワクワクしたという池松は、「役者の熱量を感じ取ってもらいたい」と語る。

池松:「3か月かけて東京と神戸で撮影を行いました。前作も神戸で撮影を行ったと聞いていたので、また新しいチームで同じ世界観を作りにいくというのは、自分でもよく分からない高揚感がありましたね。僕も最初に聞いた時はあまりにも想像がつかなくて動揺してしまいましたけど、今は周りから何を言われようが受けて立つ覚悟です。作り手のみんながそういう気持ちを持っているはず。どんなことがあれ、とにかく自信を持って公開初日を迎えたいと思います」

今作ではこの三島と竜崎に加え、菅田将暉演じるサイバーテロリスト・紫苑優輝を含めた三つ巴の頭脳戦が繰り広げられる。

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。