ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

チョロQみたいな見た目がユニーク!ホンダが、カスタムメイドの3Dプリント電気自動車をCEATECで公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ホンダと、デジタルプロダクト制作会社カブクが提携し、コンパクトな3Dプリント電気自動車を開発中だ。

・鳩サブレーの“豊島屋”向けカスタマイズ車

そのユニークな電気自動車は、あの銘菓“鳩サブレー”で有名な“豊島屋”向けのカスタムメイド車。

豊島屋が本拠地を置く鎌倉は狭い道が多く、普通の車で運送をするのには不都合が多かったため、特注品をオーダーしたという。また、そのユニークな外見は、同社の宣伝カーとしての役割も果たしてくれる。

チームでは、2ヶ月以上に渡って開発を進めた。もとになったのは、2011年にホンダが発表した“Micro Commuter”車のコンセプト。この車には、バッテリー、モーター、コントロールユニットなど、主要な機関部分が一緒にまとめて配置されており、そのベース部分を他の車や乗り物に、容易に汎用させられるのがメリット。シャーシなどは、堅固で軽量のパイプフレーム構造で構成されている。

・後部座席は荷物置きスペースにアレンジ

今回の特注車がプロトタイプと大きく異なるのは、配送スペースが確保されている点。後部座席部分がそのまま荷物置き場になっているので、座席は運転席のみというシンプルさだ。

車体のサイズは、2495 x 1280x 1545mm、重量は600kg。電気モーターの出力は11kW、最大時速70km、最大走行距離約80km。

AC200ボルトで3時間以内、100ボルトだと7時間以内でフルチャージが完了する。

・3Dプリントで素早い製造工程を

カブク社の「Rinkak マス ・カスタマイゼーション・ソリューション」という独自技術を基盤として制作され、迅速な3Dデザイン化、3Dプリンターを用いることによる金型レスの開発プロセス、デジタル製造工場ネットワークの活用を実現。

車体外装パネルなどが3Dプリントで作成され、製造工程のスピードアップ化や、直接、顧客のニーズに応じてカスタマイズできることなど、製造メリットが数多くある。

このカスタマイズ版“Micro Commuter”は、10月4日~7日まで開催された技術展示会CEATEC JAPANで公開された。

今は法人向けに留まっているが、もしかすると将来、個人のニーズに合ったカスタマイズ車をオーダーできるようになる……なんて日も来るかもしれない。

カブクとHondaカスタマイズ車両

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP