ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、Sony Mobileの最新フラッグシップ「Xperia XZ SOV34」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDI は 10 月 18 日、au スマートフォン 2016 年冬モデルとして Sony Mobile 製 Android スマートフォン「Xperia XZ SOV34」を発表しました。発売時期は 11 月上旬で、19 日より au SAPPORO、au SHINJUKU、au みなとみらい、au NAGOYA、au OSAKA、au FUKUOKA で体験できます。Xperia XZ は今年 9 月に海外で発売された Sony Mobile の最新フラッグシップモデルで、KDDI モデルは、おサイフケータイやワンセグ・フルセグ、LTE と WiMAX 2+ のキュアリアアグリゲーションによる下り最大 370Mbps の高速通信サービス(東京渋谷駅から順次展開)に対応し、海外のごく一部の国でしか販売されていない「ディープピンク」も用意されています。カラバリはほかに、ネラルブラック、プラチナ、フォレストブルーがあります。Xperia XZ は今年上半期のフラッグシップ「Xperia X Performance」の後継モデルとなる機種となっており、ディスプレイサイズが 5.2 インチに拡大し、カメラスペックが大幅に強化されました。また、USB コネクターはリバーシブルな USB Type-C に変わっています。ディスプレイは 5.2 インチに拡大しましたが、筐体のエッジ全体が丸いラウンド形状に変わってグリップ感が向上しています。カメラは背面に 2,300 万画素(1/2.3型 Exmor RS、Predictive Hybrid AF、5 倍 Clear Image Zoom、デジタルズーム 8 倍、LED フラッシュ、4K 動画、F2.0 / 24mm G レンズ、ISO 3200 / 12800)、前面に 1,300 万画素を搭載しています。Xperia XZ のリアカメラには新たに「レーザー AF」が追加され、深度を計測することによりピントの精度が向上しました。また、「RGBC-IR センサー」の追加によって画像のホワイトバランスが自動的に補正されるようになりました。さらに、電子式手ブレ補正機能が 5 軸補正に対応したので、インテリジェントアクティブのブレがさらに軽減されます。Xperia XZ の主要スペックは、Android 6.0.1 Marshmallow、5.2 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルの Triluminos 液晶、Snapdragon 820 2.15GHz クアッドコアプロセッサ、3GB RAM、32GB、Micro SD(最大 256GB)、2,900mAh バッテリーを搭載しています。このほか、Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.2、NFC、Miracast、Wi-Fi Direct、DLNA、GPS / GLONASS、ハイレゾ音源の再生、デジタルノイズキャンセリング、ClearAudio+、DSEE HX、LDAC にも対応しています。KDDI は au +1 collection の新商品として、11 月 18 日に耳栓型ウェアラブルデバイス「Xperia Ear」を発売します。また、11 月 30 日までに Xperia XZ を予約し、購入すると、3,240 円分の au Wallet ポイントがキャッシュバックされます。(参考)Xperia XZ dual 開封の儀Source : KDDI

■関連記事
KDDI、Android 7.0にアップデートする予定の14機種を発表
プラスワン、初期費用がたった299円のSIMパッケージを発売開始
BlackBerry、独自の認証機能を備えたタッチセンサー式QWERTYキーボードを特許出願

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP