ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MLBの優勝決定戦でハプニング! 投手がドローンのプロペラで指をケガして退場

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


当たりどころが悪ければ重大なケガにつながるのかもしれない。MLBの現役投手、しかも今まさにア・リーグの優勝決定戦で投げている最中の選手が、ドローンのプロペラで負った小指のケガが原因で途中退場した。

17日、ア・リーグ優勝決定シリーズ第3戦で先発出場したインディアンスのトレバー・バウアー投手は、1回・21球を投げたところで右手の小指から流血。そのまま交代することとなった。ケガの原因は、先週木曜日に彼が自前のクアッドコプター型ドローンのメンテナンスをしていたところ、突然回り始めたプロペラに小指を切り刻まれてしまったため。彼はケガをした後すぐに治療を受け、日曜日には「問題ない」と語っていたものの、試合中に傷口が開いて出血してしまった。

オモチャとして売られている小型のクアッドコプターのプロペラは、大抵はペラペラの素材でできていて、フル回転中のプロペラに指を突っ込んでもまず安全なのだが、自分で設計して3Dプリンターで製作するほどのドローンマニアだった彼のドローンは、プロペラ・モーター・バッテリーを強化した競技用ドローンで、小指ぐらいならスッパリいってしまう破壊力がある。また、競技用ではないが、日本でもよく売れているDJIの『Phantom』シリーズほどの中・大型になるとやはり危険。初心者はプロペラガードを取り付けるなどの安全対策を徹底したほうがよさそうだ。



彼の『Twitter』アカウントにある空撮動画を見れば、かなりのドローンマニアであることがわかる。大事な優勝決定戦の前にもドローンいじりを止めないとは、もはやドローンが本業で、趣味で野球をやっているレベル?

画像とソース:『MLB.com』より引用
http://m.mlb.com/video/topic/94787060/v1207201983/alcs-gm3-bauer-exits-with-finger-wound-on-tbs/?partnerId=as_mlb_20161018_66982596&adbid=788186141090418688&adbpl=tw&adbpr=18479513[リンク]

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ろくす) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

カテゴリー : エンタメ タグ :
ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP