ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Moto Z用ケース選びのヒント、Moto Mods用ピンの隙間は単なる干渉防止用

DATE:
  • ガジェット通信を≫

国内で明日 19 日に発売される「Moto Z」に保護ケースを付けようとしている方に、ケース選びに気をつけたいことを紹介します。Moto Z シリーズには外付けパーツ「Moto Mods」との接続用に背面の下部に POGO ピンが備えられているのですが、ネットショップに掲載されている Moto Z 用ケースの画像にはピンの部分を開けたものが多く、あたかもこのケースを付けたままでも Moto Mods が使えることを予想させます。しかし、これはピンが本体から若干出っ張っているために、そことの干渉を防ぐためのもので、ケースの上から Moto Mods を取り付けることはできません(できるケースもあるかも)。これは実際にケースを購入して気づいたことです。Moto Mods が使えることを期待して、下部が開いているケースを選ぶのは誤った認識ですのでご注意ください。写真のケースの場合だと、ケースの上から Moto Mods を取り付けても磁力が 5 分の 1 程度にまで下がり、固定されませんでした。

■関連記事
U-mobile、25GB大容量プランを提供開始
Android版「ポケモンGo」の最新版で「ポケもnGoプラス」の通知設定が可能に
NTTドコモ、「AQUOS Ever SH-04G」のソフトウェアアップデートを開始、再起動問題を修正

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP