体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自宅・海外どこからでも自分の仕事ができるワーママになりたかった話

f:id:kensukesuzuki:20161013101052j:plain

こんにちは。シックス・アパート株式会社で、広報とオウンドメディア編集長を担当している、壽 かおり(ことぶき かおり)と申します。

シックス・アパートでは、今年の8月から、オフィスに限らずどこで働いてもいい制度「SAWS(Six Apart Working Style:サウス)」をはじめました。リモートワークは慣れていたけれど、毎日となると一気に働き方が変わります。小学2年生のむすめを育てつつ、いろんな場所からフルタイムで働き、業務時間外には他社の仕事もお手伝いしている。まだはじまったばかりではありますが、わたしの新しい働き方の実践と、気づいたことをご紹介します。この記事が、働き方を考えるきっかけになれば幸いです。

そもそも自分は、どんな働き方がしたいのだろう?

ところで、あなたは、どんな働き方がしたいですか?

わたしは働き方について考えるとき、中学生の頃に思い描いていた将来像を思い出します。それは、いつかはこどもを持ちたいということ、そして働き続けていたいということ。

中学生だったわたしがハマっていたのは、周りの人よりもちょっとだけ早く手に入れたパソコン98Multi CanBeを使ったパソコン通信でした。パソコンで文章や絵を生み出すことや、通信して誰かと共有することは、とっても楽しかった。パソコンを使った仕事であれば、女性であることの能力的なハンディは少ないだろうし、通信技術が発達すればいつでもどこでも働けるようになる。そんな働き方が出来たら、家族との時間を大事にしつつ、自分らしく楽しく生きることが出来るはず。大人になったとき、そういう生き方ができていたらいいなと、思い描いていました。

それから20年ほど経って、いまわたしは、MacBook 1台持ってカフェを飛び回り、国内外からリモートワークで働くようになりました。大手を振ってリモートワークができるようになったのは、8月にはじまった会社の新制度「SAWS」のおかげです。

リモートワークを推奨する制度「SAWS」で自由になった働き方

わたしが所属するシックス・アパートは、今年の8月に「SAWS」という新しい働き方を開始しました。SAWS とは、全従業員が全ての勤務日において、自由な場所で働くことができるというものです。神保町のオフィスに出社しても良いですし、自宅でも、カフェでも、コワーキングスペースで働いてもOKです。

SAWS について詳しくは、この↓記事をご覧ください。

まだスタートして1か月ほどなのですが、だんだんと自分の働き方が定まってきました。

私の働き方は、週の半分ほどは自宅や外出先の近くのカフェでリモートワーク。残りの半分も、会議のある日は午後のみオフィスに出社、といったスタイルです。出社するのは週2回程度。朝のピーク時をずらせるので、満員電車とも無縁になりました。

リモートワークで変わった、5つのこと

1. プライベートの時間が増えた

毎日出社するスタイルだと、平日の昼間に仕事以外のことを出来るチャンスはほぼありません。でも、自宅やその近所で働いていれば、業務の合間に銀行や病院、こどもの学校などでのちょっとした用事を済ませることができます。

小2のママとしては、だんだん難しくなる漢字に繰り上がり&繰り下がりの筆算、音読や作文のチェック、縄跳びの練習、お友達と遊ぶお約束の確認など、見てあげたいことが大量にあります。出退勤の時間が不要になった分、こどもと過ごす時間は毎日1時間以上増えました。自分の健康維持も兼ねて、早めに学童にお迎えに行って、こどもといっしょに近所の公営プールに週数回通えるようになったのも良いところです。

また、これまで休日に詰め込んでいた用事を平日にこなせるため、休日は休日らしく、家族と過ごすリフレッシュの時間に使えます。

2. 働く時間が朝型にシフト

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会