ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『明治 ザ・チョコレート』割り方によって味が変わる!? ハイスペックな”Bean to Bar”の実力を検証

DATE:
  • ガジェット通信を≫

株式会社明治から、究極ともいえるチョコレートが誕生した。カカオからチョコレートになるまでを一貫して行う“Bean to Bar”方式で製造。なんと割り方によってもその味が変わるというから、興味を持たずにはいられない。明治の並々ならぬこだわりが詰まった新生『明治 ザ・チョコレート』(50g・2016年9月27日発売)、さっそく味わってみよう。

“Bean to Bar”の象徴といえる珠玉のチョコレート

2014年に発売された「明治 ザ・チョコレート」を大幅リニューアルした本製品。Bean to Barとは、カカオの生産からチョコレートの製造までを一貫して行う方法で、高品質のチョコレートへの人気が高まっている今、とても重要なキーワードとなっている。

 
あわせて読みたい:『Bean to Barチョコレート』は高品質サードウェーブチョコの代表格」

 

明治では、そんなBean to Barをなんと90年前から行ってきた。そしてカカオ豆、発酵、焙煎、すべての工程にこだわったBean to Barの象徴ともいえるのが、この『明治 ザ・チョコレート』だという。

『明治 ザ・チョコレート』は、「力強い深みコンフォートビター」「華やかな果実味エレガントビター」「優しく香るサニーミルク」「濃密な深みと旨味ベルベットミルク」の全4種類。統一感のあるシンプルなパッケージは、輸入雑貨店などに置いてありそうなオシャレ感が漂っている。

 

 

2つの国際コンクールで受賞!その美味しさは世界規模

発売前、世界的に優れた食品・飲料品を認定する「iTQi(国際味覚審査機構)2016」において「コンフォートビター」「エレガントビター」が優秀味覚賞を受賞。さらに国際的チョコレート品評会「International Chocolate Awards2016」で、「エレガントビター」がアメリカ&アジアパシフィックブロンズ賞を受賞。これはもう、高品質であることは間違いない。

 

「明治 ザ・チョコレート 力強い深みコンフォートビター」

「コンフォートビター」はベネズエラ産カカオを中心に使用。正統派のこく深さと香ばしさが特長。カカオ分70%。

 

「明治 ザ・チョコレート華やかな果実味エレガントビター」

「エレガントビター」は、ブラジル・トメアスー産のカカオを中心に使用。気品のあるフルーティーな香りが特長。カカオ分70%。

 

「明治 ザ・チョコレート 優しく香るサニーミルク」

「サニーミルク」は、ブラジル・トメアスー産カカオを中心に使用。カカオの酸味とミルクの旨みが感じられる優しい味。カカオ分54%。

 

「明治 ザ・チョコレート 濃密な深みと旨味ベルベットミルク」

「ベルベットミルク」は、ベネズエラ産カカオを中心に使用。ナッティな香りと、ミルクのこくが特長。カカオ分49%。

 

それではいよいよ食べてみよう。

いざ実食!味の違いは素人でもわかるのか!?

今回は、「エレガントビター」を試食。パッケージを開けてみると、8cm×5cm程度の袋が3つ。袋に記載された開け方に沿って開いてみると、今までのチョコレートにない不思議なカタチをしている。この通りに割って食べることで、チョコレートの味が異なるというのだ。どう見ても同じチョコレート、サイズと舌触りだけで、そんなに味に変化があるものなのだろうか…。

 

『明治 ザ・チョコレート』のテーマは「五感で楽しむチョコレート」。テレビを観ながらなんとなく口にするのではなく、チョコレートと向き合い、匂いから舌触り、味をしっかりと感じながら食べるのが正解だ。

チョコレートからは、カカオの香りがしっかりと感じられる。キレイな艶があり、高級感たっぷりだ。

まずはスティック型に折って食べてみる。濃厚なカカオの風味が口全体に広がり、とにかく奥深い。チョコレート自体にアルコールは入っていないが、まるでワインを飲んだような深みのある香りを感じる。

 

続いてドーム型。こちらはしばらく舐めてみること。なめらかな舌触りを感じつつ、ほどよい苦みが持続。なんだか大人の階段を一段上がったような贅沢な気分に浸ってしまう。

 

続いてギザギザ型。こちらは明らかに苦みが強い! 説明によると「香りが際立つ」とのことだが、このガツンという苦みは香りの強さによるものなのか。

 

そして記者が一番味の違いを感じたのが、ミニブロック型。他の形より苦みが控えめで、柔らかい味に感じる。まったく同じチョコレートなのに、割り方によって味が違うとは。そもそも、1枚のチョコレートとこんなに真剣に向き合ったことがなく、チョコレートって深いなぁと改めて実感。

1枚食べ終えると、まだまだ食べ進めていきたいという感じではなく、これだけで十分な満足感。口の中には、しばらくチョコレートの風味が残り続けていた。

 

味の違いには感動!次は「食べやすさ」の向上に期待

素人である記者ですら味が違うのははっきりとわかったが、チョコレートゆえ、細かく割るのは意外と難しい。味の違いを楽しみながら食していくには良いが、毎回この食べ方をするのは正直大変かも。もちろん割らずにそのまま食べても美味しいので、ケースバイケースで食べ方を変えるとよいかもしれない。

 

コスパ抜群の高品質チョコで、贅沢なひとときを

『明治 ザ・チョコレート』は想定小売価格220円~230円で、一般的な板チョコとそれほど変わらない。それでいてこの高級感は、コスパが高いといえるだろう。スーパー、コンビニなどで手軽に手に入る4種の高品質チョコレート。あなたのお気に入りを探してみてはいかがだろう?

 

関連記事リンク(外部サイト)

『ショコラトル・デュ・デイビット』&『ピッチダークチョコレート』カカオを楽しむ大人向けブランド!
松本潤さん出演CMにくぎづけ!明治『Theチョコレート』は、チョコの甘さとカカオの風味を贅沢に楽しめる
ナッツがチョコと一緒になってとろける柔らかさが心地よい! 明治『マカダミア メルティキッス仕立て』冬季限定発売中
『ガルボプレミアム 深みカカオ』がガルボ史上最高傑作は本当だった!石原さとみさん出演CMで話題!
冬季限定チョコ『Melty kiss』3種類を食べ比べ!今年のテーマは”濃くとける”だけに、濃厚&なめらかだった!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP