ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松岡茉優も驚き! 未来の「騎馬戦」はこうなる!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「AVALON」(月曜担当ナビゲーター:松岡茉優)。この週の「AVALON」は、「知られざる◯◯の世界」をテーマにお届け。10月10日(月・祝)は「体育の日」ということで、知られざる運動会の世界に迫りました。

今回、お迎えしたのは、小学3年生と1年生のお子さんがいらっしゃる、お笑い芸人「ガリットチュウ」の福島善成さん、企業や学校などの運動会をプロデュースする会社「運動会屋」の代表で、“運動会のマエストロ”とも呼ばれている米司隆明さんでした。

福島さんは残念ながら、今年はお子さんの運動会には行かれなかったそうですが、行くとなると大変だそうです。

福島:まず、嫁に「場所をとってこい!」って言われて、場所を取りに行って、次にカメラもずっと回しとけって言われます。みんなが撮るから、なわばり争いがすごくて大変です。

松岡:私も妹の幼稚園の運動会の場所取りのために、朝4時に父親に起こされて一緒に行きました。

最近はフェスのように、テントを張る家族も多いそうです。競技を待っている時間が長いことや、暑かったりするからだそうで、中にはバーベキューセットを持参して肉を焼く家族もいるとか。色々な楽しみ方があるようです。

松岡:学校の運動会の中で盛り上がる競技は何ですか?

福島:リレーと親子騎馬戦ですね。パパが子どもをおんぶした状態で行う競技で、四角の狭いスペースの中で子どもが帽子を取り合うんです。

松岡:へぇー!

さらに「運動会屋」代表の米司さんからも興味深いお話を伺いました。「運動会屋」は、企画、運営、会場探し、お弁当の手配、保険の紹介など、運動会をトータルにプロデュースしています。企業の運動会の場合は、その職業ならではの競技を取り入れると盛り上がるそうで、例えば、金融関係の会社なら「お札数え競争」などが盛り上がるそうです。

実は「運動会」は日本の文化なのだそうで、米司さんは運動会を世界に広めるべく、タイ、ラオス、インドで運動会を開催。さらに、未来の運動会について考えているとか!

米司:「未来の運動会プロジェクト」というのがありまして、デジタルと運動会の融合を考えています。例えば、未来の騎馬戦の場合、額にはちまきではなくセンサーをつけて、そこにライトが当たると音が鳴るというもの。接触がないのでケガもありません。既に山口情報芸術センターは、学校の現場に出前授業も行っています。

松岡:「ホームアローン4」を観てるみたい! 今までのシリーズと違って、いきなりハイテクになるの!

未来の運動会も楽しみですね!

さて、10月17日(月)の「AVALON」には、二階堂ふみさんが登場します! 二階堂さんとは仲の良い松岡ですが、トークでの共演は初めてだそう。なんと、二人のメイドコスプレも披露するとか! 「AVALON」サポーターコンテスト「アバコン」も開催されるなど盛りだくさんな内容となりますので、どうぞお楽しみに♪

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「AVALON」
放送日時:月・火・水・木曜 22時−23時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/avalon/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP