体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「まだ誰も気づかない」物の怪に取り憑かれた正妻!愛人の心の闇に芽吹く暗黒の花

genji-20

源氏が主役を張ったお祭りの前日に、正妻・葵の上とと愛人・六条御息所(以下、六条)の間で起こったトラブル『車争い』。源氏は役目を終えたあと、やっとその話を聞いて愕然。慌てて六条に謝罪に行きますが、会ってもらえません。今回は修羅場の後日談から始まります。

トラブルに疲れた源氏を癒やす、2人の女性

自分が蒔いた種とは言え、気が強くて自分から折れない2人だからこそ起きた事故。源氏は妻の葵の上の対応に不満です。

「葵の上は一体何を考えているんだろう。夫と関係のある女性とわかったなら、もっとスマートな処し方があっただろうに。思いやりにかける人だから…」妻と愛人にもっと上手いことやってくれ、という源氏も勝手ですが、たしかに葵の上の対応は貴婦人として正しいのか、ちょっと疑問。源氏にとっては後味の悪い晴れの日になりました。

翌日のお祭りは、源氏も見物客の1人に。「さあ、お祭りを見に行こうね」。二条院の紫の君と一緒です。お付きの女童は大はしゃぎ。紫の君もとっても可愛らしくおしゃれして、源氏は心が和みます。

今日も大路は大混雑で、良さそうな場所は既に埋まっています。「ここらでいいんだけど、騒がしそうだなあ」とブツブツ言っていると、「こちらへどうぞ。場所をお譲りしますよ」。派手な衣装が見え、女性の車のようです。

「ありがとう。こんないい場所をどうやって?羨ましいですね」。源氏が話しかけると「だって、あなたが他の女性とご一緒と知らなかったから。今日はきっとお逢いできると思ってましたのに」

それは恋のレジェンドこと源典侍。源氏は(あちゃー)という感じで、「あなたこそ、誰とでもデートなさるから、当てにならなくて」と無愛想にいい捨てます。源氏はウザがっていますが、気前よく場所を譲ってくれるあたり、さすがレジェンド。度量の広さが違う!

周囲の人びとは、源典侍のようにはズケズケと言えないものの、源氏が誰と一緒にお祭りに来たのか興味津々。紫の君は心身ともにぐっと大人びてきて、美しく賢く優しい理想的な少女になりつつありました。

このシーンはいかにも重苦しい車争いのお口直しと言った感じ。紫の君の可愛らしさと、源典侍の滑稽さに、源氏も読者も一息つく、といった具合になっています。

「あこがれの従姉」朝顔の君という女性

このお祭り騒動に顔を出す重要人物の1人が、朝顔です。この人は桐壺院の弟宮・桃園式部卿(ももぞのしきぶきょう)という人の娘で、源氏の従姉にあたります。

彼女といつ知り合ったのかは不明ですが、源氏はこのお姉さんの趣味の良さや奥ゆかしさにあこがれをいだき、手紙だけの付き合いを続けています。さりげない手紙も、ひとつひとつ内容が源氏の心を打つのです。

桃園式部卿もこれをご存知で、行列の主役を張った源氏を見て「本当にますます素晴らしくなっていく方だ。お前もずっと手紙をやり取りしているわけだし、彼と結婚したらどうだろう」。

朝顔も、源氏の晴れ姿を見て心が動きますが、結婚する気はありません。というのも、六条が源氏に捨てられたという話を聞いて(あの才媛の六条様が源氏の手に落ち、あんなことになったのだ。うっかり結婚したら、私も二の舞いになるかもしれない。そんなの嫌)

朝顔も誇り高く、風雅を愛する繊細な女性でした。今で言うカリスマ文化人的な六条には、同性の先輩としてのあこがれもあったのでしょう。その人が源氏のために名を汚し、貶められた事実に衝撃を受けています。

朝顔の心情は、六条がいかに世間から注目されていたか、ということを裏付けています。有名セレブのスキャンダル同様、車争いと六条の身の上がどれほど衆目を集めたか、想像に難くないところです。

物の怪にとりつかれる正妻、愛人の心に芽吹く暗い花

当の六条は、ますます深く思い悩む日々。決定的な出来事が起こったわけですが、まだ伊勢に行く決心もつかず、かといって京に留まる気力もない。寝ても覚めても悩んでいるので、具合が悪く、常に意識がうつろです。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy