体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「味噌漬けの豚をケバブにしたら絶対うまいよな……」秩父温泉満願の湯にあるよ! 温泉も飲めるよ!

f:id:Meshi2_Writer:20160924185203j:plain

日本でよく見かけるようになったケバブ。実は日本に限らず世界中で流行しています。

そんなケバブの中身を、秩父の伝統特産品である豚味噌を挟んで提供している入浴施設があるのだそうです。入浴施設にしては攻めたメニュー……。気になったので、「風呂デューサー」でもある私、毎川直也が行ってきました。

秩父山中に佇む秘湯「秩父温泉 満願の湯」

新宿から車で1時間30分、今回の取材先は秩父にある「秩父温泉 満願の湯」です。

電車の場合は秩父鉄道皆野駅、長瀞駅から無料送迎が出ており、電話一本で駆けつけてくれます(要相談)。

f:id:Meshi2_Writer:20160924185233j:plain

カーナビが示したところに到着すると深山幽谷に映える赤い欄干の橋と提灯がお出迎え。なんだろうこの異界感……! 私の心がざわついています。

f:id:Meshi2_Writer:20160924185329j:plain

橋を渡った先にあるこちらの施設が「秩父温泉 満願の湯」です。この地域には天長元年(824年)、大干ばつに見舞われた際に、住民たちを救った湧き水の伝説があります。

「この伝説があるということは、掘ったら温泉が出るのでは?」と考えたオーナーは掘削を開始。湧き出た水は「必ず願いが満つる湯」、満願の湯と名付けられ、1997年に開業しました。由緒正しい……が、ケバブの要素がないぞ……!

超貴重! 飲める温泉!

受付を済ませ、早速風呂に入りましょう。

f:id:Meshi2_Writer:20160924185507j:plain

広々とした内湯は二辺が窓に面し、悪天候でも自然光が差し込みます。ほぼ露天風呂ですね。熱すぎない適温の湯に浸かると、穏やかに流れていく時間……日が傾かないと時間の経過に気づけません。

f:id:Meshi2_Writer:20160924185524j:plain

こちらは露天風呂、黄金の湯です。滝が落ちる様子を眺めながら入浴……立地が最高の湯船ではないですか! 温泉はpH9.3というアルカリ性の強い泉質で、少しぬるっとした感覚があります。

露天風呂は2種類あり、水曜日に男女が入れ替わります。

f:id:Meshi2_Writer:20160924185711j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。