体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

初めてのAKB48劇場体験・・・「チーム4公演大森美優 生誕祭」レポート

oomori-gekijyou_20161013

先日、初めてAKB48劇場に行ってきました。
数年AKBグループを観ていますが、実際の劇場鑑賞についてはド素人です。
そのあたりも「初心者の気持ち」として書きたいと思います。
ですから「ガイド」ではなく「初心者の体験談」です。(間違いなどありましたらすみません)
今回行った公演はこちらです。

2016年10月13日(木)
高橋朱里チーム4「夢を死なせるわけにいかない」公演
大森美優 生誕祭

【出演メンバー】
飯野雅・伊豆田莉奈・大森美優・岡田彩花・川本紗矢
北川綾巴・北澤早紀・小嶋真子・込山榛香・佐藤妃星・高橋朱里
村山彩希・佐々木優佳里・西川怜・山邊歩夢・千葉恵里
(AKB48公式ブログより)
http://ameblo.jp/akihabara48/entry-12207363893.html

■チケットの抽選

まず、チケットを買うには、チケットの抽選に当選しなければなりません。
「AKB48グループチケットセンター」に登録し、公演の申し込みをします。
自分が申し込みの資格があったのは「AKBモバイル枠」と「一般枠」で、自分はいつから申し込みが可能かもよく分からなかったので毎日チェックしていました。

●AKB48グループチケットセンター
https://ticket.akb48-group.com/home/top.php

「AKBモバイル枠」は落選してしまいましたが、「一般枠」は当選しました。でも当選の連絡が前日・・・急ですよね。。

■チケットの購入

当日の16:00~18:30までチケットの購入ができました。
秋葉原のドンキに入ってゲームセンターの上です。
エスカレーターを上がるとチケット売り場があるのでそこで「当選番号」を言って、本人確認のもの(自分は住基カード)を出して料金を払い、チケットを貰います。

oomori-chi_20161013

事前にネットで「AKB48劇場への入り方」の情報を調べたら「リストバントをつけられる」とありましたが、それはありませんでした。
素人でわかってなかったのですが、抽選が始まるまでと、特別な日を除けばロビーには誰でも入れるんですね。
ていうことは「とりあえず劇場や公演の雰囲気を味わう」ことは気軽にできるというわけです。
余談ですが、2007年頃は先着順だったらしく、よくドンキの前に人が並んでいるのをいつも見ていました。

■劇場ロビー

チケット売り場から進んで劇場ロビーのほうに行く通路に生誕委員の方が並んでいました。
生誕委員の方に声をかけられ、
・冊子

oomori-menu_20161013

・うちわ
を頂き、
・ペンライト
を貸して頂きました。
みなさん親切な方です。大森美優さんの握手は4年近く行っていますが、大人しい善良な方ばかりです。大森美優さんの人柄の影響もあるのでしょう。
今回は生誕祭なので、豪華な花のディスプレイがありました。

oomori-gekijyou_20161013

ロビーは、2007年ごろに秋葉原で働いていた時、会社の休憩時間に散歩で行って以来でした。(※そのときはいつでも入れました。その後売れて基本的には入れなくなっています)
実際はそんなに広くありません。入るまでのアナウンスで「劇場内は非常にせまくなっております」というのを何度も聞きました。

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。